エポスゴールドカードのポイントが3倍!「選べるポイントアップショップ」

エポスゴールドカードは、エポスカードの一定以上の利用にて、インビテーションが届くタイプのクレジットカードである。
年会費は5,000円(税込)だが、インビテーションの場合は年会費永年無料だ。

ここでは、ポイントが通常の3倍となる、「選べるポイントアップショップ」を紹介していこう。

エポスゴールドカードの「選べるポイントアップショップ」

エポスゴールドカードの「選べるポイントアップショップ」とは、エポスカードの300以上の加盟店の中から、選択した最大3つのショップにて、常にポイントが3倍となるシステムである。

エポスゴールドカードの「選べるポイントアップショップ」~ポイントの貯まり方

支払い方法VISA加盟店で付与されるポイント「選べるポイントアップ」で付与されるポイント
1回払い
2回払い
ボーナス払い(1回)
200円(税込)ごとに1ポイント
※ポイント還元率0.5%
200円(税込)ごとに3ポイント
※ポイント還元率1.5%
3回以上の分割払い
リボルビング払い
200円(税込)ごとに1ポイント
※ポイント還元率0.5%
※2020年10月1日より
200円(税込)ごとに3ポイント
※ポイント還元率1.5%
※2020年10月1日より

繰り返す形になってしまうが、選べるポイントアップに登録した最大3つのショップの利用にて、ポイントが3倍(還元率1.5%)となる。

3回以上の分割払いやリボルビング払いは、金利手数料>ポイント還元となるので、やむを得ない事情を除き、あまりおすすめできない。

エポスゴールドカード「選べるポイントアップ」でポイントがより多く貯まる対象加盟店

エポスゴールドカード「選べるポイントアップ」への登録で、より多くのポイントが付与される加盟店は次のとおり。

マルイ(OIOI)
モディ
ENEOSでんき
MONA新浦安

支払い方法「選べるポイントアップ」(対象加盟店)で付与されるポイント
1回払い
2回払い
ボーナス払い(1回)
200円(税込)ごとに4ポイント
※ポイント還元率2.0%
3回以上の分割払い
リボルビング払い
200円(税込)ごとに4ポイント
※ポイント還元率2.0%
※2020年10月1日より

上記の加盟店では、ポイント還元率が0.5%分上昇する。
利用頻度が高いようなら、登録してみるのも良いかもしれない。

エポスゴールドカードでポイント3倍!「選べるポイントアップショップ」対象店舗

カテゴリ店舗名
ファッションビル
ショッピングセンター
アウトレット
ディスカウントショップ
マルイ(OIOI)、モディ
アクアシティお台場、アスピア明石
アミュプラザ、アルシェ
イーアスつくば
ヴィーナスフォート
ELM、おのだサンパーク
OPA、オリナス
海外DFS(デューティーフリーショップ)
川崎アゼリア
川崎ル・フロン
岸和田カンカンベイサイドモール
KITTE、クリスタ長堀
コースカベイサイドストアーズ
コメ兵、させぼ五番街
サンシャインシティアルパ
セントラルパーク・アネックス(名古屋)
ダイナシティ、ダイレックス
ダイバーシティ東京
千歳アウトレットモール・レラ
つくばクレオスクエア
ティアラ21、トリアス
DFS(デューティーフリーショップ)沖縄
テラスモール湘南、ドンキホーテ
流山おおたかの森SC
成田国際空港ターミナル
ニットーモール、ノクティプラザ
ピエリ守山、平塚ラスカ
Feeeal旭川、星が丘テラス
プレミアムアウトレット
マークイズ静岡、メルサ
三井アウトレットパーク
みなとみらい東急スクエア
モザイクモール港北
元町ショッピングストリート
MONA新浦安、モラージュ柏
モラージュ佐賀、モラージュ菖蒲
モレラ岐阜、ユニモちはら台
横浜ポルタ、ラゾーナ川崎
ららぽーと、ワンズモール
スーパー
コンビニ
ドラッグストア
アピタ、イオン
イトーヨーカドー、いなげや
ウエルシア薬局、エレナ
オークワ、キリン堂
クィーンズ伊勢丹
クスリのアオキ
くすりの福太郎
クリエイトSD(ドラッグストア)
京急ストア、ゲンキー
コープさっぽろ
サッポロドラッグストア
サミットストア、サンクス
サンドラッグ、サンリブ
ザ・プライス、ジャパンミート
スギ薬局、セイコーマート
成城石井、セイブ(スーパー)
セイジョー・ココカラファイン
西友、セブンイレブン
相鉄ローゼン、ダイエー
ツルハドラッグ
デイリーヤマザキ
東急ストア、東武ストア
トライアル、ドラッグイレブン
ドラッグストアモリ
にしてつストア、ハローデイ
バロー、ファミリーマート
FUJI(神奈川・東京)
フジ(四国・中国地方)
平和堂、ベイシア
ホクレンショップ
マツモトキヨシ、マルエツ
マルショク、ミニストップ
ヤオコー、ゆめマート
ヨークベニマル、ヨークマート
ライフ、ローソン
家電量販店・
ホームセンター
エディオン、カインズ
ケーズデンキ、コジマ
島忠(ホームズ含む)
ジョイフル本田
上新電機、ニシムタ
ニトリ、ノジマ
ビックカメラ、ビバホーム
ヤマダ電機、ヨドバシカメラ
ファッション
ブランド
スポーツショップ
AOKI、赤ちゃん本舗
アルペン、石井スポーツ
ヴィクトリアスポーツ
ABC-MART、H&M
オシュマンズ、カルティエ
GAP、グッチ
靴流通センター・シュープラザ
コーチ、コナカ
ゴルフパートナー、ゴルフ5
ZARA、しまむら、G.U.
スーツカンパニー
スーツセレクト
スポーツオーソリティ
スポーツゼビオ、スポーツデポ
ティファニー、マルコ
ドットエスティ(コレクトポイント)
二木ゴルフ、西松屋チェーン
ビームス、フォーエバー21
ユナイテッドアローズ
ユニクロ、洋服の青山
ライトオン、ルイヴィトン
本、雑貨
美容、コスメほか
Appleストア、EARTH(美容室)
IDC大塚家具、アニメイト
ECC外語学院、イエローハット
イケア、エルセーヌ
オートバックス、カーブス
カメラのキタムラ、グリー
紀伊国屋書店、銀座カラー
GEO、島村楽器
コナミスポーツクラブ(エグザス含む)
スタジオアリス、ソフマップ
TAC、TAYA、TSUTAYA
タワーレコード、TBC、DHC
ディズニーストア、トイザらス
東急ハンズ、PCデポ
ファンケル、フィットハウス
ブックオフ、フランフラン
ヘアメイクアッシュ
ベネッセ、ミュウモショップ
ミュゼプラチナム、無印良品
眼鏡市場、八重洲コンタクト
ロフト、WONDER GOO
公共料金朝日新聞、NHK放送受信料
ENEOSでんき、大阪ガス
沖縄電力、関西電力
九州電力、京葉ガス
国民年金、西部ガス
四国電力、静岡ガス
仙台市ガス、中国電力
中部電力、東京ガス
東京電力、東京都自動車税
東京都水道料金、東部ガス
東邦ガス、東北電力
ニチガス、日本経済新聞
福岡市水道料金、北陸電力
北海道ガス、北海道電力
みんな電力、ヤフー公金支払
横浜市水道料金、読売新聞
レモンガス
電話、TV
インターネット
@T COM、アットニフティ、アメーバ
NTTコミュニケーションズ
(NTTファイナンスのおまとめ請求除く)
NTT西日本
(NTTファイナンスのおまとめ請求除く)
NTT東日本
(NTTファイナンスのおまとめ請求除く)
NTTぷらら、J:COM
ジャパンケーブルネットワーク
スカパー、ソネット
BIGLOBE、ビックワイマックス
mixi、WOWOW
ヤマダエアーモバイルワイマックス
ワイヤレスゲート
交通(鉄道・飛行機)エアアジア、エアカナダ
AirDo、ANA、エールフランス
OsakaMetro(大阪市高速電気軌道)
小田急電鉄、JR九州、JR東海
JR西日本、JR東日本
ジェットスター、JAL
スカイマークエアラインズ
スターフライヤー、西武鉄道
ソラシド エア、大韓航空
つくばエクスプレス、デルタ航空
東急電鉄、東京都交通局
東京メトロ、南海電鉄
阪急電鉄、モバイルスイカ
ピーチ・アビエーション
自動車関連ETC利用、出光石油
エネオス・エッソモービルゼネラル
オリックスレンタカー、コスモ石油
昭和シェル石油、トヨタ自動車
トヨタレンタリース、日産自動車
日産レンタカー
ニッポンレンタカー
ホンダ自動車、三井石油
旅行代理店HIS、小田急トラベル
オリオンツアー
近畿日本ツーリスト
クラブツーリズム、京王観光
JR九州 旅行の窓口
JR東海ツアーズ、JTB(PTS含む)
テコプラザ、名鉄観光
東武トップツアーズ
日本旅行、阪急交通社
ホワイトベアーファミリー
ホテル・宿泊ANAホテルズ、京王プラザホテル
ザ・リッツ・カールトン
JALホテル
スターウッドホテル&リゾート
椿山荘、帝国ホテル
東急ホテルズ、東横イン
ハイアットホテルアンドリゾーツ
ヒルトンホテル、プリンスホテル
星野リゾート、ホテルニューオータニ
ホテルモントレ
ミリアルリゾートホテルズ
リッチモンドホテル
ルートインホテルズ
ロイヤルパークホテルズ
レジャー施設
チケット、飲食店
イープラス、温野菜
ガスト、カラオケ館
牛角、銀座ライオン
くいもの屋わん、寿し常
スターバックスコーヒー
チケットぴあ、和民
チケット流通センター、デニーズ
東京ディズニーリゾート(ホテル、イクスピアリ除く)
TOHOシネマズ、土間土間
鳥貴族、ピカデリー
ラクーア、ロイヤルホスト
保険あいおいニッセイ同和損害保険
アクサダイレクト、アニコム損保
アフラック、オリックス生命
住友生命保険、ソニー損保
損保ジャパン日本興亜
SOMPOひまわり生命保険
チューリッヒ、東京海上日動
日本生命、メットライフ生命
三井住友海上あいおい生命保険
三井住友海上火災保険
三井ダイレクト損害保険

エポスゴールドカード「選べるポイントアップ」の登録は公共料金がおすすめ!

エポスゴールドカードの「選べるポイントアップ」への登録は、やはり公共料金をおすすめしたい。

公共料金には、携帯電話料金水道料金電気料金ガス料金があげられる。
インターネット接続のプロバイダ料金も含めても良いだろう。

毎月必ず発生する固定費のポイントが3倍になることで、確実に、着実にポイントを貯めることにつながる。

JR東日本エリアの方なら、モバイルSuicaへのチャージを登録するのもおすすめだ。
モバイルSuicaチャージ分でエポスポイント、鉄道の利用でJREポイント二重取りも可能である。
※JREポイントは、別途登録が必要です

エポスカードとエポスゴールドカードの比較表

項目エポスカードエポスゴールドカード
年会費永年無料5,000円(税抜)
※年間50万円以上のショッピング利用にて、翌年度以降の年会費が無料!
ポイント還元率0.5%
※エポトクプラザで2倍以上!
※たまるマーケットで2倍から30倍!
0.5%
※エポトクプラザで2倍以上!
※たまるマーケットで2倍から30倍!
ポイントの有効期限2年間無期限
選べるポイントアップなし3つのショップを選び、ポイントが最大3倍(還元率1.5%)に!
年間ボーナスポイントなし最大10,000ポイントをプレゼント!
マルイ通販、マルイモディ利用の際のポイント還元率0.5%1%(2倍)
10%ポイントプレゼント5DAYS
マルイ通販、マルイモディにて不定期開催
なし参加可能
家族カード発行なし年会費無料にて招待可能
ファミリーボーナスポイントなし最大3,000ポイントをプレゼント!
家族でポイントをシェアなしシェア可能
空港ラウンジサービスなし無料にて利用可能
海外旅行傷害保険
(自動付帯)
最大500万円補償最大1,000万円補償

エポスゴールドカードを年会費無料にする条件

エポスゴールドカードを年会費無料にする条件は、次の3つのいずれかをクリアすることだ。

・エポスカードからのインビテーション
・本会員からの紹介(家族カード)
・年間50万円(税込)以上のショッピング利用

最も確実なのは家族カードだが、年間50万円(税込)以上のショッピング利用が、現実的な方法と言えるだろう。

年間50万円(税込)は月額平均41,666円だ。
公共料金や税金などの支払いをエポスゴールドカードにすることで、実現しやすくなるだろう。

エポスカードからのインビテーションは基準が不明な部分もあるが、年間50万円(税込)以上のショッピング利用も含まれているのは間違いない。

もちろん、月々の支払いを遅滞なく継続することが、必要不可欠なのは言うまでもないだろう。

まとめ

ここまで、エポスゴールドカードの「選べるポイントアップ」を紹介してきた。

エポスカードでは他にも、「たまるマーケット」「エポトクプラザ」にて、ポイントが2倍から30倍となるチャンスを用意している。

まずはエポスカードから始めて、エポスゴールドカードのインビテーションを目指すのが確実だろう。
是非チャレンジしてほしい。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
クレジットカードの詳細な情報や申し込みについては、↓のバナーをタップしてください。
(カード会社の公式サイトにリンクされています)


記事が役に立った!おもしろい!という方は↓のバナーをタップしてもらえると励みになります。

クレジットカードランキング

Author: kazuma@aoi

はじめまして。逢生一舞(あおい かずま)です。このサイトでは、クレジットカードのお得な活用法を紹介していきます。よろしくお願いいたします。サイト内の主な画像提供元「写真AC」

One thought on “エポスゴールドカードのポイントが3倍!「選べるポイントアップショップ」”

Comments are closed.