エポスプラチナカードの海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険

エポスプラチナカードは、年会費30,000円(税抜)にて発行できるクレジットカードだ。
インビテーションで作ると、年会費が20,000円(税抜)となる。

ここでは、エポスプラチナカードの海外旅行傷害保険および、国内旅行傷害保険を紹介していこう。

エポスプラチナカードの海外旅行傷害保険(自動付帯)

エポスプラチナカードには、海外旅行傷害保険が自動付帯されている。
自動付帯とは、クレジットカードを持っているだけで適用されるタイプの保険だ。

エポスプラチナカードの海外旅行傷害保険の補償内容は以下のとおり。

保険の内訳本人/補償金額(最大)家族/補償金額(最大)
傷害死亡・後遺障害1億円2,000万円
傷害治療費用300万円/1事故200万円/1事故
疾病治療費用300万円/1事故200万円/1事故
個人賠償責任
※免責なし
1億円/1事故1億円/1事故
携行品損害
※免責3,000円
100万円/1旅行および1年間100万円/1旅行および1年間
救援者費用200万円//1旅行および1年間200万円//1旅行および1年間
航空機遅延費用など2万円/1回の遅延につき2万円/1回の遅延につき
航空機寄託手荷物遅延等費用10万円/1回の遅延につき10万円/1回の遅延につき

エポスプラチナカードの海外旅行傷害保険は、カードの所有者本人はもちろんのこと、家族に対しても適用される。補償対象となる家族の条件は次のとおりだ。

エポスプラチナカード本会員生計をともにする6親等内の血族
エポスプラチナカード本会員生計をともにする配偶者
エポスプラチナカード本会員生計をともにする3親等内の姻族

エポスプラチナカードの国内旅行傷害保険(利用付帯)

エポスプラチナカードには、エポスカードやエポスゴールドカードには付帯されていない、国内旅行傷害保険が利用付帯となっている。

利用付帯は、旅行の際の交通費(公共交通機関)や宿泊費、パッケージツアーの代金などを、エポスプラチナカードにて支払うことで、適用される保険の種類だ。

保険の内訳本人/補償金額(最大)家族/補償金額(最大)
傷害死亡・後遺障害1億円2,000万円
入院日額
※フランチャイズ7日
5,000円5,000円
手術保険金
※フランチャイズ7日
※1事故につき1回の手術限定
20万円
※手術の種類ごとに入院日額の10倍または20倍、もしくは40倍の金額
手術の種類ごとに入院日額の10倍または20倍、もしくは40倍の金額
通院日額
※フランチャイズ7日
3,000円3,000円
乗継遅延費用2万円/1回の遅延につき2万円/1回の遅延につき
出航遅延費用など2万円/1回の遅延につき2万円/1回の遅延につき
寄託手荷物遅延等費用10万円/1回の遅延につき10万円/1回の遅延につき
寄託手荷物紛失費用(補償)10万円/1回の遅延につき10万円/1回の遅延につき

まとめ

ここまで、エポスプラチナカードに付帯されている、海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険を紹介してきた。

エポスプラチナカードは、直接申し込むこともできるが、エポスカードやエポスゴールドカードにて利用実績を積み重ねた後に、インビテーションにて作成する方が確実性が高い

年間のショッピング利用金額100万円(税込)が、エポスプラチナカードのインビテーションの条件である。
まずは年会費無料のエポスカードから始めてみてはいかがだろうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
クレジットカードの詳細な情報や申し込みについては、↓のバナーをタップしてください。
(カード会社の公式サイトにリンクされています)


記事が役に立った!おもしろい!という方は↓のバナーをタップしてもらえると励みになります。

クレジットカードランキング

Author: kazuma@aoi

はじめまして。逢生一舞(あおい かずま)です。このサイトでは、クレジットカードのお得な活用法を紹介していきます。よろしくお願いいたします。サイト内の主な画像提供元「写真AC」