エポスカードの付帯保険は海外旅行傷害保険!最大2,000万円補償が自動付帯!

エポスカードの付帯保険は海外旅行傷害保険だ。
年会費永年無料のクレジットカードにもかかわらず、自動付帯なのが嬉しいところだろう。
EPOSカード
カードの所有者というだけで最大2,000万円の補償が受けられる。
ここでは、エポスカードの付帯保険について紹介していこう。


エポスカードの付帯保険は海外旅行傷害保険

エポスカードの付帯保険は海外旅行傷害保険だ。
自動付帯のため、カードを持っているだけで補償が受けられる。
事故などに遭った際、海外からの帰宅後に請求する形だ。

保険の種類補償内容
傷害死亡・後遺障害最大500万円
傷害治療費用最大200万円
※1事故につき
疾病治療費用最大270万円
※1事故につき
賠償責任
※免責なし
最大2,000万円
※1事故につき
救援者費用最大100万円
※1旅行および保険期間中につき
携行品損害
※免責3,000円
最大20万円
※1旅行および保険期間中につき
※携行品ひとつにつき最大10万円ほど
※乗車券などは合計で最大5万円ほど

自動付帯と利用付帯

エポスカードの付帯保険である海外旅行傷害保険は自動付帯である。
クレジットカードの付帯保険は、自動付帯と利用付帯の2種類に分かれる。

項目内容
自動付帯クレジットカードを持っている方が対象
利用付帯クレジットカードで、現地までの交通費や宿泊費、パッケージツアー代金を支払った際に受けられる保険

お手持ちのクレジットカードの会員専用ページに付帯保険の有無や、自動付帯or利用付帯が掲載されているはずだ。
エポスカードの場合にはエポスNetとなる。

エポスゴールドカードの付帯保険も海外旅行傷害保険(自動付帯)

エポスカードVisaの優良利用者には、エポスゴールドカードへのインビテーションが贈られるシステムだ。
インビテーションにて発行した際には年会費が永年無料となる。
※通常の年会費は5,000円(税込)

エポスゴールドカードの付帯保険も海外旅行傷害保険(自動付帯)だ。
エポスカード(VISA付き)と比べた際、補償内容がアップする。

保険の種類補償内容
傷害死亡・後遺障害最大1,000万円
傷害治療費用最大300万円
※1事故につき
疾病治療費用最大300万円
※1事故につき
賠償責任
※免責なし
最大2,000万円
※1事故につき
救援者費用最大100万円
※1旅行および保険期間中につき
携行品損害
※免責3,000円
最大20万円
※1旅行および保険期間中につき
※携行品ひとつにつき最大10万円ほど
※乗車券などは合計で最大5万円ほど

エポスプラチナカードの付帯保険は海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険

エポスプラチナカードは、年会費30,000円(税込)のクレジットカードだ。
エポスカードVisaやエポスゴールドカードの優良利用者に贈られるインビテーションにて発行した際、年会費が20,000円(税込)に割引される。

エポスプラチナカードの付帯保険は海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険だ。

エポスプラチナカード/付帯保険「海外旅行傷害保険」(自動付帯)

エポスプラチナカードの付帯保険のひとつである海外旅行傷害保険は、エポスカード(VISA付き)やエポスゴールドカードと同様の自動付帯だ。
納める年会費の分、補償金額が大きく上乗せされる。

エポスカード(VISA付き)とエポスゴールドカードは所有者本人のみだが、エポスプラチナカードに限り、カード所有者の家族も対象となるのが大きな違いだ。

保険の種類所有者/補償内容家族/補償内容
傷害死亡・後遺障害最大1億円最大2,000円
傷害治療費用最大300万円
※1事故につき
最大200万円
※1事故につき
疾病治療費用最大300万円
※1事故につき
最大200万円
※1事故につき
個人賠償責任
※免責なし
最大1億円
※1事故につき
最大1億円
※1事故につき
救援者費用最大200万円
※1旅行および保険期間中につき
最大200万円
※1旅行および保険期間中につき
携行品損害
※免責3,000円
最大100万円
※1旅行および保険期間中につき
※携行品ひとつにつき最大10万円ほど
※乗車券などは合計で最大5万円ほど
最大100万円
※1旅行および保険期間中につき
※携行品ひとつにつき最大10万円ほど
※乗車券などは合計で最大5万円ほど
航空機遅延費用など最大2万円
※1回の遅延につき
最大2万円
※1回の遅延につき
航空機寄託手荷物遅延等費用最大10万円
※1回の遅延につき
最大10万円
※1回の遅延につき

エポスプラチナカード/付帯保険「国内旅行傷害保険」(利用付帯)

エポスプラチナカードに限り、国内旅行傷害保険が付帯保険となる。
利用付帯のため、交通費(公共交通機関)や宿泊費用、ツアーパッケージ代金をエポスプラチナカードで支払うことが補償の条件だ。

保険の種類所有者/補償内容家族/補償内容
傷害死亡・後遺障害最大1億円最大2,000円
入院日額
※フランチャイズ7日
最大5,000円最大5,000円
手術保険金
※フランチャイズ7日
入院日額の10倍、20倍、40倍
※1事故、1手術につき
入院日額の10倍、20倍、40倍
※1事故、1手術につき
通院日額
※フランチャイズ7日
最大3,000円最大3,000円

入院日額や通院日額、手術保険金で登場する「フランチャイズ7日」とは、1事故の発生日から8日目以降に入院もしくは通院状態であれば、保険金の支払いは1日目よりとなる仕組みだ。

手術保険金の10倍や20倍や40倍の倍率は、手術の種類に応じて適用される。

入院日額手術保険金
10倍
手術保険金
20倍
手術保険金
40倍
5,000円50,000円100,000円200,000円

エポスカードのカードスペック

エポスカードは、旅行や出張などを控えて速やかにカードを入手したい方のための即日発行にも対応中だ。
EPOSカード

1.公式サイトより申し込み(平日の午前11時ごろまでが目安)
2.エポスカードセンターでの受け取りを選択
郵送の場合は1週間ほどでカードが届きます
3.審査通過
4.エポスカードセンターでカードを受け取る(お昼過ぎから夕方が目安)

EPOSカード
エポスカードの即日発行をもっとよく知りたい方は、エポスカードを即日発行する手順~エポスカードの受け取り店舗も紹介!を読むことをおすすめしたい。

項目内容
年会費永年無料
提携国際ブランドVISA
ポイント還元率0.5%
エポスポイントUPサイトで1.0%から15%
※エポトクプラザで1.0%~
追加可能な電子マネーモバイルSUICA
楽天Edy
au Payプリペイドカード
スターバックスカード
※チャージにもポイントを付与
QUICPay
Apple Payにエポスカードを登録した場合のみ
ETCカード年会費無料
海外旅行傷害保険
※自動付帯
最大2,000万円補償
Apple PayiPhoneに設定可能
Google PayAndroidスマホに設定可能

エポスカードはモバイルSuicaなどの電子マネーへのチャージに対しても、200円ごとに1エポスポイントが付与される。
※ポイント還元率0.5%
※エポスポイントはエポスカードのポイントシステムの名称

Apple Pay(QUICPay)とGoogle Payは、エポスカードの利用料金と合わせて請求されるタイプの電子マネーである。
事前チャージの必要はなく、エポスカードの登録後すぐに利用可能だ。
※ポイント還元率0.5%

Apple PayやGoogle Payに興味のある方は、携帯電話料金の節約法~格安SIMとWi-FiにてiPhoneやAndroidスマホのお得な購入方法を確認してほしい。

携帯電話料金の節約を考えている方におすすめ!iPhoneもAndroidも販売中!
格安SIMサービスのIIJmio(アイアイジェイミオ)
IIJmio(みおふぉん)

エポスカードの新規入会特典は2,000ポイントのプレゼント!

エポスカードのインターネットからの申し込み⇒2,000ポイントをプレゼント!
エポスカードセンターもしくは、郵送でのカード受け取り
※2,000ポイント=2,000円相当
EPOSカード

エポスゴールドカードとエポスプラチナカードの比較表

EPOSカード
エポスカードの券面デザインはエポスカードVisaだけでなく、エヴァンゲリオンヒプノシスマイクおそ松さんちいかわリラックマも選ぶことが可能だ。

この中でエポスカードVisaだけが、エポスゴールドカードやエポスプラチナカードへのインビテーションの対象カードとなっている。

項目エポスゴールドカードエポスプラチナカード
年会費(税込)5,000円
※年間50万円以上のショッピング利用にて翌年度以降の年会費が永年無料!
30,000円
※年間50万円以上のショッピング利用にて翌年度以降の年会費が20,000円に!
ポイントの有効期限無期限無期限
選べるポイントアップ3つのショップを選び、ポイントが最大3倍(還元率1.5%)に!3つのショップを選び、ポイントが最大3倍(還元率1.5%)に!
年間ボーナスポイント最大10,000ポイントをプレゼント!最大100,000ポイントをプレゼント!
お誕生月ポイント1.0%(2倍)
10%ポイントプレゼント5DAYS
マルイ通販、マルイモディにて不定期開催
参加可能参加可能
家族カード発行招待可能招待可能
ファミリーボーナスポイント最大3,000ポイントをプレゼント!最大6,000ポイントをプレゼント!
家族でポイントをシェアシェア可能シェア可能
空港ラウンジサービス無料にて利用可能無料にて利用可能
プライオリティ・パス年会費無料
※プレステージ会員
海外旅行傷害保険
(自動付帯)
最大1,000万円補償最大1億円補償
国内旅行傷害保険
(利用付帯)
最大1億円補償
プラチナトラベル利用可能
グルメクーポン利用可能
コンシェルジュ利用可能
プラチナゴルフ利用可能

エポスゴールドカードやエポスプラチナカードは、項目ごとに以下のリンク先の記事にて取り上げている。

まとめ

ここまで、エポスカードの付帯保険「海外旅行傷害保険」について紹介してきた。
エポスプラチナカードのみ「国内旅行保険」も付帯保険となる。

海外に旅行や出張で赴く方にとって付帯保険の有無は大きい。
万が一のことを踏まえてエポスカードVisaを作っておくのも、リスク回避につながるだろう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
エポスカードの詳細な情報や申し込みについては、↓のバナーをタップしてください。
(エポスカードの公式サイトにリンクされています)
EPOSカード
携帯電話料金の節約を考えている方におすすめ!
格安SIMサービスのIIJmio(アイアイジェイミオ)
IIJmio(みおふぉん)
記事が役に立った!おもしろい!という方は↓のバナーをタップしてもらえると励みになります。

クレジットカードランキング

投稿者:

kazuma@aoi

はじめまして。逢生一舞(あおい かずま)です。このサイトでは、クレジットカードのお得な活用法を紹介していきます。よろしくお願いいたします。サイト内の主な画像提供元「写真AC」