エポスカードの自転車保険は月額520円(非課税)より最大3億円の補償

エポスカードは、自転車保険にも加入することが可能なクレジットカードである。

月額520円(非課税)より、最大3億円の補償が受けられる自転車保険だ。
お住まいの地域によっては、自転車保険の加入義務が生じる。
EPOSカード
ここでは、エポスカードの自転車保険について紹介していこう。


エポスカードの自転車保険~月額保険料および補償内容

エポスカードの自転車保険の正式名称は、エポラク傷害保険「自転車コース」である。

自転車保険の月額保険料および補償内容を次の表にまとめてみた。

内訳お手軽セットおすすめセット充実セット
月額保険料(非課税)本人:520円
夫婦:820円
家族:1,420円
本人:780円
夫婦:1,280円
家族:2,280円
本人:1,040円
夫婦:1,740円
家族:3,140円
傷害死亡・後遺障害
最大補償額
100万円200万円300万円
傷害入院
最大補償額/1日
1,000円1,500円2,000円
傷害通院
最大補償額/1日
500円750円1,000円
日常生活賠償
最大補償額
1億円2億円3億円

エポラク傷害保険「自転車コース」は、自転車の事故による怪我や障害が対象となる。
保険加入者本人の負傷はもちろんのこと、事故の相手に怪我をさせてしまった際にも適用される。

エポスカードの自転車保険~日常生活で起きた事故の怪我にも適用

エポラク傷害保険「自転車コース」では、自転車の運転中だけでなく、日常生活で起きた事故の怪我も対象内だ。

例えば散歩中に自動車と衝突したり、階段から転落したり、外出時に火事に遭った際などにも補償される。

エポスカードの自転車保険~日常生活賠償

日常生活賠償は、自転車の事故で相手を負傷させてしまった際の損害賠償として、支払われる保険の種類だ。

他にも自宅の水漏れによる階下の部屋の浸水や、ショッピング中に店内の商品を誤って破損してしまった際に補償が受けられる。

エポスカードの自転車保険~示談代行サービス

エポラク傷害保険「自転車コース」の加入者に代わって、事故の相手との示談交渉を行ってくれるサービスだ。
日本国内で起きた事故の際に使用することができる。

保険料は消費税の非課税対象

エポラク傷害保険「自転車コース」などの保険料は、消費税の非課税対象だ。
ちなみに受け取った保険金の場合には、不課税となる。

エポラク傷害保険「自転車コース」の月額保険料はエポスカードのポイント対象

エポラク傷害保険「自転車コース」の月額保険料の支払いを、エポスカードで行った際、200円ごとに1ポイントがプレゼントされる。

例えば充実セット1,040円の保険料の場合、1,040円×0.5%(ポイント還元率)=5ポイント
年間では1,040円×12ヵ月×0.5%=62ポイントが貯まる計算だ。

自転車保険加入義務地域

2022年4月1日時点の自転車保険加入義務地域を、以下の表にまとめている。
お住まいの地域が含まれているか?否か?を確認しておきたい。

自治体名
自転車保険加入義務秋田県、宮城県
山形県、福島県
栃木県、群馬県
埼玉県、千葉県
東京都、神奈川県
山梨県、長野県
新潟県、静岡県
岐阜県、愛知県
三重県、福井県
滋賀県、京都府
大阪府、兵庫県
奈良県、岡山市
香川県、愛媛県
福岡県、熊本県
大分県、宮崎県
鹿児島県
努力義務北海道、青森県
茨城県、富山県
和歌山県、鳥取県
徳島県、高知県
佐賀県

参考資料
国土交通省「自転車損害賠償責任保険等への加入促進について

エポスカードのカードスペック

エポスカードは、即日発行にも対応中のクレジットカードである。

午前中に公式サイトにて申し込み、審査の通過後、午後にエポスカードセンターにて受け取る形だ。
EPOSカード

1.公式サイトより申し込み(平日の午前11時ごろまでが目安)
2.エポスカードセンターでの受け取りを選択
郵送の場合は1週間ほどでカードが届きます
3.審査通過
4.エポスカードセンターでカードを受け取る(お昼過ぎから夕方が目安)

エポスカードの即日発行の流れは、エポスカードを即日発行する手順~エポスカードの受け取り店舗も紹介!に詳しく記している。

項目内容
年会費永年無料
提携国際ブランドVISA
ポイント還元率0.5%
エポスポイントUPサイトで1.0%から15%
※エポトクプラザで1.0%~
追加可能な電子マネーモバイルSUICA
楽天Edy
au Payプリペイドカード
スターバックスカード
※チャージにもポイントを付与
QUICPay
Apple Payにエポスカードを登録した場合のみ
ETCカード年会費無料
海外旅行傷害保険
※自動付帯
最大2,000万円補償
Apple PayiPhoneに設定可能
Google PayAndroidスマホに設定可能

エポスカードはモバイルSuicaなどの電子マネーへのチャージに対しても、ポイントが貯まるクレジットカードだ。
ポイント還元率0.5%

エポスカードの新規入会特典は2,000ポイントのプレゼント!

エポスカードのインターネットからの申し込み⇒2,000ポイントをプレゼント!
エポスカードセンターもしくは、郵送でのカード受け取り
※2,000ポイント=2,000円相当
EPOSカード

エポスゴールドカードとエポスプラチナカードの比較表

EPOSカード
エポスゴールドカードは、エポスカードVisaの一定以上の利用者に対してインビテーションが届くタイプのクレジットカードだ。

特に選べるポイントアップショップは、豊富な提携店舗の中から3つを選択することで、常に3倍のポイント(還元率1.5%)が貯まるメリットを持つ。

エヴァンゲリオンヒプノシスマイクおそ松さんちいかわリラックマゆるキャン△などのデザインカードを選択した場合には、エポスゴールドカードやエポスプラチナカードへの昇格そのものが存在しない。

項目エポスゴールドカードエポスプラチナカード
年会費(税込)5,000円
※年間50万円以上のショッピング利用にて翌年度以降の年会費が永年無料!
30,000円
※年間100万円以上のショッピング利用にて翌年度以降の年会費が20,000円に!
ポイントの有効期限無期限無期限
選べるポイントアップ3つのショップを選び、ポイントが最大3倍(還元率1.5%)に!3つのショップを選び、ポイントが最大3倍(還元率1.5%)に!
年間ボーナスポイント最大10,000ポイントをプレゼント!最大100,000ポイントをプレゼント!
お誕生月ポイント1.0%(2倍)
10%ポイントプレゼント5DAYS
マルイ通販、マルイモディにて不定期開催
参加可能参加可能
家族カード発行招待可能招待可能
ファミリーボーナスポイント最大3,000ポイントをプレゼント!最大6,000ポイントをプレゼント!
家族でポイントをシェアシェア可能シェア可能
空港ラウンジサービス無料にて利用可能無料にて利用可能
プライオリティ・パス年会費無料
※プレステージ会員
海外旅行傷害保険
(自動付帯)
最大1,000万円補償最大1億円補償
国内旅行傷害保険
(利用付帯)
最大1億円補償
プラチナトラベル利用可能
グルメクーポン利用可能
コンシェルジュ利用可能
プラチナゴルフ利用可能

エポスゴールドカードやエポスプラチナカードをより詳しく知りたい方は、以下の記事を参照してほしい。

まとめ

ここまでエポスカードの自転車保険、エポラク傷害保険「自転車コース」について紹介してきた。

東京などにお住まいの方には、自転車保険の加入義務が生じる。
近所の移動などで自転車を利用する方はもちろんのこと、ロードで長距離を移動する方などは、自転車保険の加入を検討していただきたい。

エポスカードの自転車保険は毎月520円(非課税)からとリーズナブルでありながらも、転ばぬ先の杖として充分な役割を果たすはずだ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
エポスカードの詳細な情報や申し込みについては、↓のバナーをタップしてください。
(エポスカードの公式サイトにリンクされています)
EPOSカード
携帯電話料金の節約を考えている方におすすめ!
格安SIMサービスのIIJmio(アイアイジェイミオ)iPhoneもAndroidも販売中!
IIJmio(みおふぉん)
記事が役に立った!おもしろい!という方は↓のバナーをタップしてもらえると励みになります。

クレジットカードランキング

投稿者:

kazuma@aoi

はじめまして。逢生一舞(あおい かずま)です。このサイトでは、クレジットカードのお得な活用法を紹介していきます。よろしくお願いいたします。サイト内の主な画像提供元「写真AC」