エポスプラチナカードを年会費20,000円(税抜)にする2つのやり方

エポスプラチナカードは、エポスカードの中で最もグレードの高いクレジットカードである。

年会費は30,000円(税抜)だが、公式サイトにて提示されている2つの条件のうち、いずれかをクリアすれば、年会費を20,000円(税抜)とすることも可能だ。

エポスプラチナカードを年会費20,000円(税抜)にする2つのやり方

エポスプラチナカードは、次の2つの方法にて、通常30,000円(税抜)の年会費を、20,000円(税抜)に割引することができる。

エポスカードからのインビテーション

エポスプラチナカードは、会員専用サイト「エポスNet」より申し込むことができるクレジットカードだ。
つまり、すでにエポスカードを持っている方が対象となる。

エポスカードからのインビテーションを受けることで、エポスプラチナカードの年会費が20,000円(税抜)の優待価格へと変わる。

エポスカードからのインビテーションを受ける条件として、次で紹介する年間100万円(税込)以上のショッピング利用がヒントになると思われる。

できればエポスゴールドカードで利用することで、より一層インビテーションに近づくのではないだろうか。

年間100万円以上のショッピング利用

エポスプラチナカードにて、年間100万円(税込)以上のショッピング利用を記録した方は、翌年度以降の年会費が20,000円(税抜)となる。

年間100万円を達成するためには、月平均83,333円の利用が必要だ。
そのためにも、携帯電話料金などの公共料金や、固定資産税や自動車税などの税金の支払いを、エポスプラチナカードに変えることをおすすめしたい。

しかも「選べるポイントアップ」に公共料金を指定した際には、通常の3倍(還元率1.5%)のポイントが貯まるようになる。

エポスプラチナカードは、貯まったポイントで年会費を納めることも可能だ。

エポスゴールドカードとエポスプラチナカードの比較表

項目エポスゴールドカードエポスプラチナカード
年会費(税抜)5,000円
※年間50万円以上のショッピング利用にて翌年度以降の年会費が永年無料!
30,000円
※年間100万円以上のショッピング利用にて翌年度以降の年会費が20,000円に!
ポイントの有効期限無期限無期限
選べるポイントアップ3つのショップを選び、ポイントが最大3倍(還元率1.5%)に!3つのショップを選び、ポイントが最大3倍(還元率1.5%)に!
年間ボーナスポイント最大10,000ポイントをプレゼント!最大100,000ポイントをプレゼント!
お誕生月ポイント1%(2倍)
10%ポイントプレゼント5DAYS
マルイ通販、マルイモディにて不定期開催
参加可能参加可能
家族カード発行招待可能招待可能
ファミリーボーナスポイント最大3,000ポイントをプレゼント!最大6,000ポイントをプレゼント!
家族でポイントをシェアシェア可能シェア可能
空港ラウンジサービス無料にて利用可能無料にて利用可能
プライオリティ・パス年会費無料
※プレステージ会員
海外旅行傷害保険
(自動付帯)
最大1,000万円補償最大1億円補償
国内旅行傷害保険
(利用付帯)
最大1億円補償
プラチナトラベル利用可能
グルメクーポン利用可能
コンシェルジュ利用可能
プラチナゴルフ利用可能

まとめ

ここまで、エポスプラチナカードの年会費を20,000円(税抜)にする2つのやり方と、エポスゴールドカードとの比較表を紹介してきた。

エポスプラチナカードには、高額なボーナスポイントも用意されている。
20,000円(税抜)の年会費分をポイントで賄うのは、案外難しくないのかもしれない。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
クレジットカードの詳細な情報や申し込みについては、↓のバナーをタップしてください。
(カード会社の公式サイトにリンクされています)


記事が役に立った!おもしろい!という方は↓のバナーをタップしてもらえると励みになります。

クレジットカードランキング

Author: kazuma@aoi

はじめまして。逢生一舞(あおい かずま)です。このサイトでは、クレジットカードのお得な活用法を紹介していきます。よろしくお願いいたします。サイト内の主な画像提供元「写真AC」