エポスゴールドカードを年会費無料にする3つの方法

エポスゴールドカードは、年会費5,000円(税込)にて発行可能なクレジットカードだ。

普通に申し込むこともできるが、インビテーションからの発行であれば、年会費が永年無料となる。
他にも家族カードとしての発行などで年会費を無料にすることも可能だ。

エポスゴールドカードを年会費無料にする3つの方法

エポスゴールドカードは、次の3つの方法にて、5,000円(税込)の年会費を無料にすることができる。

1.エポスカードからのインビテーション

エポスカードを一定以上の利用をしている方には、エポスゴールドカードのインビテーションが届く。

最も確実にエポスゴールドカードを作る方法であり、なおかつ年会費は永年無料となる。

一定以上の利用とは、この後に紹介する「年間利用金額50万円以上」がカギとなるだろう。
月間で41,666円以上のショッピングで、50万円の壁はクリアできる。

携帯電話料金などの公共料金や、自動車税や軽自動車税などの税金を納める際に、エポスカードを使うと、月間の利用金額41,666円に近づきやすくなるはずだ。

他にも、「エポトクプラザ」や、「たまるマーケット」の加盟店でのショッピングがおすすめである。
ポイントや割引などの優待も受けられる。

もちろん、引き落とし日に遅滞なく支払うことは言うまでもない。
必ず引き落とし日の前営業日までに、入金することを心がけよう。

やむを得ない事情などで、引き落とし日に間に合わない場合には、エポスカードの裏面に記載されている電話番号に連絡して、オペレーターの指示に従おう。

エポスカードはエポスATMにて、利用金額を支払うことも可能だ。
繰り上げ返済にも対応している。

2.プラチナおよびゴールド会員の家族より紹介(家族カード)

エポスカードには家族カードが存在しないが、エポスゴールドカードに限り、家族カードを発行することができる。

エポスゴールドカードまたは、エポスプラチナカードを持っている方より紹介されることが条件だ。
家族カードも年会費が永年無料となる。

ちなみに、エポスプラチナカードは、エポスゴールドカード会員へのインビテーションで作ることができるクレジットカードである。
残念ながら申し込むことはできない。

3.年間利用金額50万円(税込)以上

エポスゴールドカードの年会費5,000円(税込)を支払っている方が対象だ。
年間の利用金額が50万円(税込)以上を記録した際、翌年以降の年会費が永年無料に変わる。

エポスカードとエポスゴールドカードの比較表

項目エポスカードエポスゴールドカード
ポイントの有効期限2年間無期限
選べるポイントアップなし3つのショップを選び、ポイントが最大3倍(還元率1.5%)に!
年間ボーナスポイントなし最大10,000ポイントをプレゼント!
マルイ通販、マルイモディ利用の際のポイント還元率0.5%1%(2倍)
10%ポイントプレゼント5DAYS
マルイ通販、マルイモディにて不定期開催
なし参加可能
家族カード発行なし招待可能
ファミリーボーナスポイントなし最大3,000ポイントをプレゼント!
家族でポイントをシェアなしシェア可能
空港ラウンジサービスなし無料にて利用可能
海外旅行傷害保険
(自動付帯)
最大500万円補償最大1,000万円補償

まとめ

ここまで、エポスゴールドカードを年会費無料にする3つの方法と、エポスカードとの比較表を紹介してきた。

エポスゴールドカードにランクアップすることで、選べるポイントアップ年間ボーナスポイントエポトクプラザでのゴールド会員ポイント優待にて、より多くのポイントが貯まるチャンスが用意されている。
是非、チャレンジしてみてほしい。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
クレジットカードの詳細な情報や申し込みについては、↓のバナーをタップしてください。
(カード会社の公式サイトにリンクされています)


記事が役に立った!おもしろい!という方は↓のバナーをタップしてもらえると励みになります。

クレジットカードランキング

Author: kazuma@aoi

はじめまして。逢生一舞(あおい かずま)です。このサイトでは、クレジットカードのお得な活用法を紹介していきます。よろしくお願いいたします。サイト内の主な画像提供元「写真AC」