エポスカードのバーチャルカードでネット通販をより安全に!

エポスカードは、全世界で最も加盟店の多い、VISAブランドのクレジットカードである。
年会費は永年無料
18歳以上の方なら、大学生などの学生も申し込むことが可能だ。

ここでは、ネット通販をより安全にする、「エポスバーチャルカード」を紹介していこう。

エポスカードのバーチャルカード「エポスバーチャルカード」

エポスカードのバーチャルカードは、正式名称エポスバーチャルカード。
インターネットを介した通販専用カードとして、使用することができる。

エポスバーチャルカードの作り方の手順

1.エポスカードを手元に用意してから、「エポスNet」にIDとパスワードを使ってログイン

エポスNetは、エポスカードの会員専用ページだ。
エポスカードが届いたら、速やかに登録しておこう

2.「マイページ」にアクセス
3.「エポスバーチャルカードのお申込み」をタップ
4.「エポスバーチャルカードお申込みページ」が表示

5.必要事項の入力

エポスカード番号とエポスカードの有効期限(○月/○年)、生年月日(西暦)を入力する。

6.「エポスバーチャルカードを申し込む(確認画面へ)」をタップ

7.エポスバーチャルカードの申し込みが完了

エポスバーチャルカードのカード番号有効期限、そしてセキュリティコードが表示される。
メモを取るか、スクリーンショット画像を撮影しておこう。

8.エポスバーチャルカードの利用限度額の設定

「ご利用可能残額設定」画面にて、1万円単位で利用限度額を設定する。

仮に10万円と設定した場合、エポスバーチャルカードにて、10万円を超える金額でのショッピング利用はできない。

使いすぎが気になる方は、1回払いで支払えることを基準に考えると、おのずから利用限度額が決められるはずだ。

9.エポスバーチャルカードの利用限度額が決定

「ご利用可能額設定(完了)」画面が表示された時点で、エポスバーチャルカードの利用限度額が決定する。
利用限度額はその都度変えることができるので、安心してほしい。

エポスバーチャルカードを使わない場合には、利用限度額を「0円」にしておくのもおすすめだ。

10.ショッピングの際、クレジット払いを選択

「たまるマーケット」経由などのネットショッピングの支払いにて、「クレジットカード払い」を選択する。

11.エポスバーチャルカードのカード情報を入力

カード会社欄にて「VISA」を選んだ後、エポスバーチャルカードの「カード番号」「有効期限(○月/○年)」を入力する。

12.決済内容を確認してから支払いを確定⇒ショッピングの完了

エポスバーチャルカードでの購入代金は、通常のエポスカードの月額料金と合わせて請求される。
つまりエポスバーチャルカードの利用でも、ポイントが貯まるということだ。

エポスバーチャルカードが使えないケース

エポスバーチャルカードは、基本的にネットショッピングで利用することを想定している。
そのため、以下のように使えないケースも存在する。

・VISAブランドに対応していないショップ
※極めて少ないとは思われるが、この場合は諦めよう

・公共料金や保険料の支払い
・ライブなどのチケットや航空券
電子マネーのチャージ
・マルイウェブチャネル
・Yahoo!ウォレットの支払い方法の登録

※上記の場合には、”バーチャル”ではないエポスカードを使おう

エポスカードのカードスペック

項目内容
年会費永年無料
提携国際ブランドVISA
ポイント還元率0.5%
※たまるマーケットで1%から15%
※エポトクプラザで1%~
追加可能な電子マネーモバイルSUICA
楽天Edy
au Payプリペイドカード
スターバックスカード
※チャージにもポイントを付与
QUICPay
※Apple Payにエポスカードを登録した場合のみ
ETCカード年会費無料
海外旅行傷害保険
※自動付帯
最大2,000万円補償
Apple PayiPhoneに設定可能

まとめ

ここまで、エポスカードのバーチャルカードである、「エポスバーチャルカード」を紹介してきた。

エポスバーチャルカードを併用することで、フィッシングなどの詐欺から身を守ることにもつながるだろう。
是非、活用してほしい。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
クレジットカードの詳細な情報や申し込みについては、↓のバナーをタップしてください。
(カード会社の公式サイトにリンクされています)


記事が役に立った!おもしろい!という方は↓のバナーをタップしてもらえると励みになります。

クレジットカードランキング

Author: kazuma@aoi

はじめまして。逢生一舞(あおい かずま)です。このサイトでは、クレジットカードのお得な活用法を紹介していきます。よろしくお願いいたします。サイト内の主な画像提供元「写真AC」