エポスカードはネットバンキングでの支払いにも対応中!

エポスカードは年会費無料で18歳以上の方が発行できるクレジットカードだ。
国際ブランドは、世界で最も加盟店数の多いVISAである。
ポイント還元率は0.5%だ。

ここでは、エポスカードの利用金額を、ネットバンキングにて支払う手順を紹介していこう。

エポスカードの利用金額をネットバンキングにて支払う手順

エポスカードの利用金額を、ネットバンキングにて支払う手順は、次のとおりだ。

まずは金融機関のインターネットバンキングへの登録
⇒ネットバンキングへの登録完了
⇒エポスNetにエポスIDとパスワードを入力してログイン

⇒「インターネットバンキングで支払う」を選択してタップ
⇒「月々のお支払い」を選んでタップ
⇒その月に支払う予定の利用金額を確認する

⇒金融機関に登録済みのインターネットバンキングを指定する
⇒インターネットバンキングにて利用金額の支払い

エポスカードはネットバンキングでリボ増額払いもできる!

エポスカードはインターネットバンキングにて、リボ払いの増額支払いもできるようになっている。

エポスNetにログイン後、リボ増額払いを選択し、支払金額を入力するだけの流れだ。
金利手数料を少しでも減額するためにも、リボ払いの残額がある際には、積極的に利用していきたい。

エポスカードで指定できるネットバンキング

エポスカードの支払いに指定できるネットバンキングは、合計419の金融機関である。
※2020年2月10日時点
※うち銀行は99行

金融機関の種類金融機関名
都市銀行三菱UFJ銀行、みずほ銀行
三井住友銀行、りそな銀行
埼玉りそな銀行
ネット銀行ジャパンネット銀行
楽天銀行
地方銀行青森銀行、武蔵野銀行
常陽銀行、千葉銀行
北陸銀行、静岡銀行
京都銀行、関西みらい銀行
中国銀行、広島銀行
四国銀行、福岡銀行など
その他の銀行ゆうちょ銀行
労働金庫北海道労働金庫
静岡県労働金庫など13金庫
信用組合あすか信用組合
秋田県信用組合
いわき信用組合
銚子商工信用組合
中ノ郷信用組合
愛知県中央信用組合
奄美信用組合など59組合
信用金庫室蘭信用金庫
稚内信用金庫
米沢信用金庫
宮城第一信用金庫
鹿沼相互信用金庫
かながわ信用金庫
西武信用金庫
アルプス中央信用金庫
しずおか焼津信用金庫
滋賀中央信用金庫
大阪シティ信用金庫
備前日生信用金庫
しまなみ信用金庫
大牟田柳川信用金庫
鹿児島相互信用金庫など248金庫

エポスカードのカードスペック

項目内容
年会費永年無料
提携国際ブランドVISA
ポイント還元率0.5%
※たまるマーケットで1%から15%
※エポトクプラザで1%~
追加可能な電子マネーモバイルSUICA
楽天Edy
au Payプリペイドカード
スターバックスカード
※チャージにもポイントを付与
QUICPay
※Apple Payにエポスカードを登録した場合のみ
ETCカード年会費無料
海外旅行傷害保険
※自動付帯
最大2,000万円補償
Apple PayiPhoneに設定可能

まとめ

ここまで、エポスカードの支払いに使えるネットバンキングを紹介してきた。
口座引き落としを、エポスカードの支払い方法に指定している際には、注意が必要である。

口座に引き落とし分の金額が残高として計上されている場合、ネットバンキングで支払ったにもかかわらず、口座からも引き落としされてしまうためだ。
つまり二重に支払ってしまう危険性がある。

そのようなトラブルを回避するためにも、月々の支払いではなく、リボ増額払いをネットバンキングで行うことをおすすめしたい。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
クレジットカードの詳細な情報や申し込みについては、↓のバナーをタップしてください。
(カード会社の公式サイトにリンクされています)


記事が役に立った!おもしろい!という方は↓のバナーをタップしてもらえると励みになります。

クレジットカードランキング

Author: kazuma@aoi

はじめまして。逢生一舞(あおい かずま)です。このサイトでは、クレジットカードのお得な活用法を紹介していきます。よろしくお願いいたします。サイト内の主な画像提供元「写真AC」