エポスカードの後から分割変更とリボ変更手続き

エポスカードは、1回払いもしくは、ボーナス一括払いで購入した商品やサービスであっても、後日、分割払いやリボ払いに変更することが可能なクレジットカードだ。
EPOSカード
ここでは、エポスカードの後から分割変更とリボ変更手続きについてわかりやすく紹介していく。

エポスカードの後から分割変更の手続きの流れ

エポスカードの後から分割変更の手続きは、エポスカード会員専用ページ「エポスNet」からが手軽で便利だ。

EPOSカード

まずはエポスNetにエポスIDとパスワードを入力してログイン
⇒「分割変更」画面にて、分割変更を希望する支払い分を選ぶ

⇒「ショッピングご利用分を分割変更画面」に切り替わる
⇒支払回数を3回から36回の間で設定

⇒変更する支払金額の合計を確認後、「変更内容を確認」をタップ
⇒分割変更(変更項目の確認)画面が表示される

⇒分割変更をする合計額を確認
⇒内容に間違いがなければ、注意事項に目を通してから「申し込みを確定する」をタップ

⇒分割払いへの変更が完了

エポスカードの後からリボ変更の手続きの流れ


EPOSカード

エポスカードのリボ変更手続きも、エポスNetにログインする形だ。
リボ払いと分割払いの違いは次のとおりである。

分割払い⇒最初に完済日を設定後、支払回数に応じた月々の支払金額が決まる
リボ払い⇒最初に月々の支払金額を設定後、それに応じて完済日が変わる

分割払いはゴール(完済日)が決まっているため、返済計画が立てやすい。

リボ払いは、月々の支払金額の負担を緩和できるが、返済計画の点では心もとない。
そのため、やむを得ない事情があるとき以外は、あまりおすすめできないのは確かだ。

EPOSカード

エポスNetにログイン
⇒「リボ変更」画面より、リボ払いに変更したい支払い分を選んでタップ

⇒「ショッピングご利用分をリボ変更」画面が表示される
⇒「全額リボ変更する」もしくは、リボ変更希望額を入力する

⇒「変更内容を確認」をタップ
⇒リボ払いに変更する項目をチェック

⇒合計金額を確認後、「変更内容を確認」をタップする
⇒リボ変更する合計額に間違いがないか確認する

⇒注意事項を読んでから「申し込みを確定する」をタップする
⇒リボ変更(変更完了)が表示された時点で手続きが完了となる

エポスNetでの手続きは、エポスカード公式アプリ(無料)が行いやすい。

エポスカード~後から分割変更やリボ変更後の一括返済が可能なATM

エポスカードは、エポスATM以外にも、銀行などの金融機関や、コンビニエンスストアに設置されているATMにて、分割払いやリボ払いの残高を一括返済することができる。

EPOSカード

支払回数が増えれば増えるほど、金利手数料が上乗せされるため、適度なタイミングで一括返済やまとめ払いをしておくことをおすすめしたい。

ATM名主な設置場所
三菱UFJ銀行三菱UFJ銀行
三井住友銀行三井住友銀行
ゆうちょ銀行郵便局
イオン銀行イオンモールなど
セブン銀行セブンイレブンなど
ローソン銀行ローソンなど
E-netファミリーマートなど
北海道銀行北海道銀行
横浜銀行横浜銀行
八十二銀行八十二銀行
池田泉州銀行池田泉州銀行
百五銀行百五銀行
北洋銀行北洋銀行
滋賀銀行滋賀銀行
南都銀行南都銀行
中国銀行中国銀行
広島銀行広島銀行
第四銀行第四銀行
中京銀行中京銀行
愛知銀行愛知銀行
鹿児島銀行鹿児島銀行

エポスカードのカードスペック


EPOSカード

項目内容
年会費永年無料
提携国際ブランドVISA
ポイント還元率0.5%
エポスポイントUPサイトで1%から15%
※エポトクプラザで1%~
追加可能な電子マネーモバイルSuica
楽天Edy
au Payプリペイドカード
スターバックスカード
※チャージにもポイントを付与
QUICPay
※Apple Payにエポスカードを登録した場合のみ
ETCカード年会費無料
海外旅行傷害保険
※自動付帯
最大2,000万円補償
Apple PayiPhoneに設定可能

エポスカードの即日発行に興味のある方は、エポスカードを即日発行する手順~エポスカードの受け取り店舗も紹介!を読んでいただきたい。

エポスカードはモバイルSuicaへのチャージにもポイントが貯まる。
詳しく知りたい方は、エポスカードはモバイルSuicaへのチャージにもポイントが貯まる稀有なクレジットカード!還元率0.5%を参照していただきたい。

エポスカードの新規入会特典は2,000ポイントのプレゼント!

エポスカードのインターネットからの申し込み⇒2,000ポイントをプレゼント!
エポスカードセンターもしくは、郵送でのカード受け取り
※2,000ポイント=2,000円相当
EPOSカード

エポスゴールドカードとエポスプラチナカードの比較表


EPOSカード

項目エポスゴールドカードエポスプラチナカード
年会費(税抜)5,000円
※年間50万円以上のショッピング利用にて翌年度以降の年会費が永年無料!
30,000円
※年間50万円以上のショッピング利用にて翌年度以降の年会費が20,000円に!
ポイントの有効期限無期限無期限
選べるポイントアップ3つのショップを選び、ポイントが最大3倍(還元率1.5%)に!3つのショップを選び、ポイントが最大3倍(還元率1.5%)に!
年間ボーナスポイント最大10,000ポイントをプレゼント!最大100,000ポイントをプレゼント!
お誕生月ポイント1%(2倍)
10%ポイントプレゼント5DAYS
マルイ通販、マルイモディにて不定期開催
参加可能参加可能
家族カード発行招待可能招待可能
ファミリーボーナスポイント最大3,000ポイントをプレゼント!最大6,000ポイントをプレゼント!
家族でポイントをシェアシェア可能シェア可能
空港ラウンジサービス無料にて利用可能無料にて利用可能
プライオリティ・パス年会費無料
※プレステージ会員
海外旅行傷害保険
(自動付帯)
最大1,000万円補償最大1億円補償
国内旅行傷害保険
(利用付帯)
最大1億円補償
プラチナトラベル利用可能
グルメクーポン利用可能
コンシェルジュ利用可能
プラチナゴルフ利用可能

エポスゴールドカードやエポスプラチナカードは、以下の記事でも取り上げている。
エポスゴールドカードを年会費無料で作る3つの方法
エポスゴールドカードのポイントが3倍!「選べるポイントアップショップ」
エポスゴールドカード「選べるポイントアップショップ」ポイント3倍!対象店舗一覧
エポスゴールドカードで無料にて使える空港ラウンジサービス
エポスプラチナカードを年会費20,000円(税込)にする2つのやり方
エポスプラチナカードの海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険

まとめ

ここまで、エポスカードの分割変更とリボ変更手続きの手順と、分割払いやリボ払いの残高一括返済ができるATMを紹介してきた。

分割払いやリボ払いは、支払回数が少なければ少ないほど、トータルの支払金額も低額化する。

まとまった収入が得られた際などに、エポスATMなどで多めに支払っておくことをおすすめしたい。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
エポスカードの詳細な情報や申し込みについては、↓のバナーをタップしてください。
(エポスカードの公式サイトにリンクされています)
EPOSカード
携帯電話料金の節約を考えている方におすすめ!
格安SIMサービスのIIJmio(みおふぉん)
IIJmio(みおふぉん)
記事が役に立った!おもしろい!という方は↓のバナーをタップしてもらえると励みになります。

クレジットカードランキング


Author: kazuma@aoi

はじめまして。逢生一舞(あおい かずま)です。このサイトでは、クレジットカードのお得な活用法を紹介していきます。よろしくお願いいたします。サイト内の主な画像提供元「写真AC」