エポスカードで投資信託!将来のために資産形成をスタートしよう

エポスカードは年会費無料で持つことができる、VISAブランドのクレジットカードである。
エポスカードでは、tsumiki証券による投資信託を提供中だ。
積立金額に応じたカードのポイントも貯まるので、資産形成のスタートに向いているのではないだろうか。

エポスカードの投資信託

エポスカードの投資信託は、月々3,000円から始められるサービスだ。
スタートするには、tsumiki証券に口座を開設する必要がある。
口座開設料および口座維持手数料は無料だ。

「つみたてNISA」が利用できるため、年間120万円までの取引の運用益には、譲渡所得税(20.315%)がかからないメリットがある。

エポスカードの投資信託~ポイントの貯まり方「がんばってるね!ポイント」

エポスカードの投資信託の特徴として、積立金額に応じたポイントが付与される点があげられる。

積立金額(月)積立金額(年間)ポイント(年間)
1年目30,000円360,000円360円相当
※ポイント還元率0.1%
2年目30,000円360,000円720円相当
※ポイント還元率0.2%
3年目30,000円360,000円1,080円相当
※ポイント還元率0.3%
4年目30,000円360,000円1,440円相当
※ポイント還元率0.4%
5年目以降30,000円360,000円1,800円相当
※ポイント還元率0.5%

1年目はポイント還元率0.1%で始まり、1年ごとに0.1%ずつ加算される形だ。
5年目以降は、還元率0.5%で固定される。

エポスカードの投資信託~エポスカードで投資可能な4つの商品

エポスカードで投資可能な商品には以下のようなものがある。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

海外90%、日本10%の割合で分散投資される。
内訳は株式が50%と債券が50%だ。
株式の投資先にはAppleやトヨタ自動車などがある。
※2018年12月の運用報告書より

セゾン資産形成の達人ファンド

日本12%、海外88%の割合による投資信託だ。
主な株式の投資先は、花王やサウスウエスト航空などである。
※2019年12月の月次運用レポートより

コモンズ30ファンド

日本企業の株式に100%投資される商品だ。
投資先の主な企業には、資生堂やダイキン工業などがある。
※2019年12月の月次運用レポートより

ひふみプラス

未来に成長が見込まれる企業への投資信託。
主な株式の投資先として、富士通やTDKなどがあげられる。
※2019年12月の月次運用レポートより

エポスカード~投資信託の注意点

投資信託は、預貯金のように、毎月一定の金額を預け入れ、専門家による運用によって、利子が積み重なるがごとく、元金を増やしていくことが可能な資産形成方法だ。

ただし、預貯金の利子とは異なり、元本割れをするリスクも含まれている。
そのことを踏まえた上で、投資信託に臨んでいただきたい。

エポスカードのカードスペック

項目内容
年会費永年無料
提携国際ブランドVISA
ポイント還元率0.5%
※たまるマーケットで1%から15%
※エポトクプラザで1%~
追加可能な電子マネーモバイルSUICA
楽天Edy
au Payプリペイドカード
スターバックスカード
※チャージにもポイントを付与
QUICPay
※Apple Payにエポスカードを登録した場合のみ
ETCカード年会費無料
海外旅行傷害保険
※自動付帯
最大2,000万円補償
Apple PayiPhoneに設定可能

まとめ

ここまで、エポスカードの投資信託について紹介してきた。
都市銀行の定期預金金利が年0.002%~というご時世である。
※2020年9月16日時点

預貯金をしつつ、投資信託を行うことで、少しでも未来の不安を払拭することにつなげていただきたい。

そのためにも、投資信託でポイントの貯まるエポスカードの作成を、是非とも検討してほしい。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
エポスカードの詳細な情報や申し込みについては、↓のバナーをタップしてください。
(カード会社の公式サイトにリンクされています)


記事が役に立った!おもしろい!という方は↓のバナーをタップしてもらえると励みになります。

クレジットカードランキング

Author: kazuma@aoi

はじめまして。逢生一舞(あおい かずま)です。このサイトでは、クレジットカードのお得な活用法を紹介していきます。よろしくお願いいたします。サイト内の主な画像提供元「写真AC」