JCB カード Wでふるさと納税!各地の名産品が受け取れると同時に還付金も!

JCB カード Wは、ふるさと納税にも対応している。
名称は”納税”ではあるが、自治体への寄付金制度と言ったほうが理解しやすいだろう。
JCBオリジナルシリーズ
ふるさと納税で納めた金額から2,000円を差し引いた分が所得控除の対象だ。
しかも各地の名産品を返礼品として受け取れる。


JCB カード Wでふるさと納税!OkiDokiランドの経由で3倍以上のポイントを付与

JCB カード Wでふるさと納税を行う際には、OkiDokiランドを経由すると、通常の3倍以上のポイントがプレゼントされる。
※ほかのJCBカードの場合は2倍のポイント付与です

JCB カード Wを用意する
⇒JCBカード会員専用「OkiDokiランド」へアクセス

MyJCB IDとパスワードを入力してログイン
⇒ふるさと納税のショップにアクセス

⇒寄附金額や返礼品を参考にしつつ寄付対象を選ぶ
⇒JCBカードにてふるさと納税を納める

⇒後日返礼品が届き、ポイントが付与される

JCB カード Wでふるさと納税が可能なOkiDokiランドの提携ショップ

ふるさと納税ショップポイント還元率
ふるさと納税サイト「ふるなび」0.9%~1.5%
※ポイント3倍!
ふるさとチョイス0.9%~1.5%
※ポイント3倍!
【さとふる】ふるさと納税サイト1.5%~2.5%
※ポイント5倍!
ふるさと納税サイト「ふるさと本舗」2.4%~4.0%
※ポイント8倍!
ふるさとプレミアム2.7%~4.5%
※ポイント9倍!
au PAYふるさと納税2.7%~4.5%
※ポイント9倍!

JCB カード Wでのふるさと納税にて得られる3つのメリット

JCB カード Wでのふるさと納税にて、次の3つのメリットが享受できる。

・各地の返礼品
・所得税や住民税の還付金の可能性
・カードのポイントが貯まる

JCB カード Wでふるさと納税のメリット①各地の返礼品

ふるさと納税といえば、やはり各地の返礼品だろう。
あまりにもエスカレートしすぎて規制が入ったほどである。

変更後は、各地の名産のみが返礼品の対象だ。
ブランド牛肉やお米、うなぎやマグロ、ウニやカニなどの魚介類が目を惹き付ける。

JCB カード Wでふるさと納税のメリット②所得税や住民税の還付金の可能性

ふるさと納税は2,000円の自己負担額を差し引いた金額が、所得税の控除対象となるのが特徴だ。

たとえば10,000円のふるさと納税額の場合、8,000円が控除額となる。
必ず確定申告を忘れないようしてほしい。
企業や団体に勤務している方で年末調整を済ませた方も同様である。

確定申告が面倒な方は、「ワンストップ特例制度」を選んでも良いだろう。
控除額によっては、所得税や住民税の還付金がもらえる可能性もある。

JCB カード Wでふるさと納税のメリット③カードのポイントが貯まる

JCB カード Wにてふるさと納税を行うと、カードのポイントが貯まる。
これは現金での納税では、絶対に発生しないメリットである。

JCB カード Wで10,000円のふるさと納税をOkidokiランド経由で行った場合、90円から150円相当のポイントが付与される。
※ポイント3倍のショップ
※ほかのJCBカードの場合は60円から100円相当のポイントです

ふるさと納税を行う前に、できればカードの利用限度額を確認しておこう。

JCBカードの利用限度額の変更については、JCBカードWの限度額変更をする手順~一時増額サービスについても紹介!を参照していただきたい。

JCB一般カードのカードスペック⇒最短翌日発行も可能!

JCBオリジナルシリーズ

項目内容
年会費(税込)本会員:初年度無料
2年めからは1,375円
家族会員:440円
※本会員が無料の場合は家族会員も無料となる
ポイント還元率0.3%~5.0%
※海外2倍
※スターバックスで10倍
電子マネーQUICPay
※ポイント還元率0.3%~5.0%
ETCカード年会費無料
海外旅行傷害保険最大3,000万円補償
国内旅行傷害保険最大3,000万円補償
海外ショッピングガード保険最大100万円補償
Apple PayiPhoneに設定可能
Google PayAndroidスマートフォンに設定可能

JCB一般カード/翌年度の年会費無料となる条件

・MyJチェック(WEB明細サービス)への登録
・年間で50万円以上(税込)のショッピング利用



年間で50万円以上ということは、月間で41,666円以上を利用すれば達成できるということだ。

ふるさと納税はもちろんのこと、携帯電話料金などをJCB一般カードにて支払うことで、年会費無料の条件に近づきやすくなるだろう。

ちなみにJCB一般カードは、JCBゴールドカードとともに、最短で翌日の発行も可能だ。

詳しくは、JCBカードは最短翌日発行!翌日発行の手順と対象カードを紹介!を参照してほしい。

JCB一般カードでスターバックスの利用で10倍のポイントを貯めるやり方は⇒JCBカードでスターバックスのポイントを10倍にするやり方へ!

JCB一般カードの新規入会キャンペーンは、JCBカードの2022年7月時点のキャンペーンを紹介!をチェック!

月々の携帯電話料金を節約したい方は、携帯電話料金の節約法~格安SIMとWi-Fiを読んでいただきたい。

JCB カード Wは通常の2倍のポイントが貯まるクレジットカード!

JCB カード Wは、18歳から39歳の方が申し込むことが可能な年会費永年無料のクレジットカードである。
通常の2倍のポイントが付与されるため、ポイントを効率よく貯めたい方にふさわしい。
JCBオリジナルシリーズ

項目内容
年会費本会員:無料
家族会員:無料
ポイント還元率0.6%~5.5%
電子マネーQUICPay
※ポイント還元率0.6%~6.5%
ETCカード年会費無料
海外旅行傷害保険最大2,000万円補償
海外ショッピングガード保険最大100万円補償
Apple PayiPhoneに設定可能
Google PayAndroidスマートフォンに設定可能

JCB カード Wで貯まる主な加盟店のポイント

店舗名などポイント還元率
JCB加盟店以外のショッピング
公共料金税金
0.6%~1.0%
昭和シェル石油0.9%~1.5%
セブンイレブン1.2%~2.0%
Amazon.co.jp1.2%~2.0%
スターバックスコーヒー3.3%~5.5%

JCBカードのOkiDokiポイントは、交換アイテムごとに還元率が異なる。
最も還元率が高いのはnanacoポイントへの交換だ。
※「1」OkiDokiポイント=「5」nanacoポイント

nanacoポイントは電子マネーnanacoとして1ポイント=1円にてセブンイレブンなどの代金の支払いに使用できる。

まとめ

ここまで、JCB カード Wにてふるさと納税OkiDokiランドを経由して行う手順などを紹介してきた。

JCB カード Wでは、ふるさと納税だけでなく、自動車税や軽自動車税、固定資産税や所得税などの税金も納めることが可能だ。

銀行などでの待ち時間の問題を解消したい方に向いている。
時間が有限であることを理解している方は、是非とも、JCB カード Wの発行を検討していただきたい。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
JCBカードの詳細な情報や申し込みについては、↓のバナーをタップしてください。
(JCBカードの公式サイトにリンクされています)
JCBオリジナルシリーズ
【JCBカード】プロパー・ビジプラ
携帯電話料金の節約を考えている方におすすめ!
格安SIMサービスのIIJmio(アイアイジェイミオ)iPhoneもAndroidも販売中!
IIJmio(みおふぉん)
記事が役に立った!おもしろい!という方は↓のバナーをタップしてもらえると励みになります。

クレジットカードランキング

投稿者:

kazuma@aoi

はじめまして。逢生一舞(あおい かずま)です。このサイトでは、クレジットカードのお得な活用法を紹介していきます。よろしくお願いいたします。サイト内の主な画像提供元「写真AC」