イオンカードのポイントは2種類!WAON POINTとWAONポイントの違いを簡潔に解説

イオンカードを利用することで、次の2種類のポイントのいずれかが付与される。電子マネーの「WAONポイント」とクレジットカードの「WAON POINT」だ。

ここでは、イオンカードの利用で貯まる2種類のポイントの違いについてわかりやすく解説していこう。


イオンカードのポイント「WAON POINT」

WAON POINTはクレジットカード(イオンカード)の支払いにて付与されるポイントである。

・イオンカードでの代金の支払い
※200円(税込)につき1WAON POINT

・電子マネーWAONで支払う
※200円(税込)につき1WAON POINT

・イオンカードをレジで提示してから現金で支払う
※200円(税込)につき1WAON POINT
※WAON POINT加盟店のみ適用

イオンカードで支払った際には、「WAON POINT」が貯まると捉えておけば問題ない。
わざわざカードを提示してから現金で支払うケースは、非常に少ないと思われるので。

イオンカードのポイント「WAONポイント(電子マネーWAON)」

WAONポイントは、「WAON POINT」の加盟店以外にて電子マネーWAONによる支払いを選択した際に付与されるポイントである。
200円(税込)ごとに1WAONポイントが貯まる。

貯まったWAONポイントは、電子マネーWAONの残高として利用可能だ。

イオングループでのWAON POINTの貯まり方

イオングループでのイオンカードの利用においては、基本的に通常の2倍のポイントが貯まる。
イオンのネットショップも同様だ。

支払方法 イオングループで貯まるポイント
イオンカード
※クレジットカード
200円(税込)につき2WAON POINT
※ポイント還元率1.0%
電子マネーWAON 200円(税込)につき2WAON POINT
※ポイント還元率1.0%
現金
※イオンカード提示が条件
200円(税込)につき1WAON POINT
※ポイント還元率0.5%

イオンカードの提示後に現金払いの可能性としては、テナントの飲食店での利用が考えられる。
飲食店の中にはクレジットカード払いに対応していないケースも存在するためだ。

「カード会社への手数料でアルバイトやパートタイマーをひとり雇用できる」と捉えている経営者もいると聞く。
このあたりは店舗の規模も関係するため、決して単純な問題ではないだろう。

WAON POINTの交換アイテム

交換アイテムの種類 交換レート
ショッピング購入代金の支払い
※イオングループまたはWAON POINT加盟店
1WAON POINT=1円
電子マネーWAONへのチャージ
※WAONポイント
1,000WAON POINT=1,000WAONポイント
アイテム交換 アイテムごとに異なる

ショッピング代金の支払いに充てるか、電子マネーWAONにチャージするかのいずれかが手軽かと思われる。
アイテム交換の手順は次のとおり。

暮らしのマネーサイトにアクセス
⇒イオンスクエアメンバーIDとパスワードを入力してログイン

⇒メニューバーより「ポイント」を選んでタップ
⇒「WAON POINT」画面より「ポイント交換」を選択してタップ

⇒「カテゴリ」から交換したいアイテムを選んでタップ
⇒画面の指示に従って手続きを進める
⇒WAON POINTからのアイテム交換の完了

イオンカードセレクトのカードスペック

項目 内容
年会費 本会員:無料
家族会員:無料
※家族カードは3枚まで発行可能
提携国際ブランド VISA
MasterCard
JCB
ポイント還元率 0.5%
※イオングループでポイント2倍
※イオンカードポイントモールで最大20倍
電子マネー WAON
※ポイント還元率0.5%
ETCカード 年会費無料
付帯保険 カード盗難保険
Apple Pay iPhoneに設定可能
Google Pay Androidスマートフォンに設定可能
おサイフケータイ 対応中のスマートフォンに設定可能
※電子マネーイオンiDが利用可能

イオンカードセレクトは年会費永年無料。
イオン銀行の普通預金口座の開設がカード発行の条件となる。
イオン銀行の普通預金金利が最大年0.10%なるチャンスが用意されている。

年間100万円以上(税込)のショッピング利用が確認された場合、イオンゴールドカードセレクトのインビテーションが贈られる。

イオンゴールドカードセレクト

イオンゴールドカードセレクト年会費無料で所有できるゴールドカードである。

・家族カード
・空港ラウンジサービス
・イオンラウンジ
・海外旅行傷害保険(最大5,000万円補償/利用付帯)
・国内旅行傷害保険(最大3,000万円補償/利用付帯)
・ショッピングセーフティー保険(年間300万円まで補償)

イオンカードセレクトの発行後に、イオンゴールドカードセレクトのインビテーションを目標にしてみるのも良いのではないだろうか。

まとめ

ここまで、イオンカードで貯まる2種類のポイントについて解説してきた。
基本的にはイオンカード=「WAON POINT」と捉えておけば問題ない。
できればポイントの残高を定期的に確認することを習慣づけると良いだろう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
記事が役に立った!おもしろい!という方は↓のバナーをタップしてもらえると励みになります。

クレジットカードランキング

投稿者:

kazuma@aoi

はじめまして。逢生一舞(あおい かずま)です。このサイトでは、クレジットカードのお得な活用法を紹介していきます。よろしくお願いいたします。サイト内の主な画像提供元「写真AC」

モバイルバージョンを終了