イオンカードの電子マネーはWAONとiDの2種類が搭載可能

イオンカードには、電子マネーWAONが標準搭載されている。
WAON(ワオン)とは、イオングループなどで使える専用の電子マネーだ。

ここでは、イオンカードに搭載可能な、2種類の電子マネーWAONとiD(アイディー)について詳しく紹介していこう。

イオンカードの代表的な電子マネーWAON(ワオン)

電子マネーWAONは、名前からイメージできる通り、イオンカード(WAON一体型)などにデフォルト仕様となっている電子マネーである。

無料のWAONカードを発行することも可能だ。
チャージ上限金額は5万円

ミニストップはもちろんのこと、他のコンビニなどでも使うことが可能だ。
必ずレジカウンターなどに「WAON」の表示があることを確認してから利用しよう。

電子マネーWAONへのチャージは、イオンカード(WAON一体型)やイオンカードセレクトなどのイオンカードから逐一行うか、あらかじめオートチャージ設定をしておくと便利だ。

イオンカードからのチャージ200円ごとに1ポイント(ときめきポイント/クレジットカード)が貯まる。

電子マネーWAONで支払った際、200円(税込)につき1ポイント(WAONポイント/電子マネー)が付与される。
電子マネーのポイントは、1ポイント=1円にてWAONの残高とすることができる。

イオンカードに搭載可能な電子マネー「イオンiD」

「イオンiD」は、「おサイフケータイ」に対応しているスマートフォンで搭載可能な電子マネーだ。

イオンカード会員専用サイト「暮らしのマネーサイト」から申し込むことができる。

イオンiDの利用金額は、そのままイオンカードの月々の利用金額にプラスされるため、チャージは不要だ。

もちろん200円(税込)ごとに1ポイント(ときめきポイント/クレジットカード)も貯まる

ちなみに、iPhoneの場合は、Apple Payにイオンカード(WAON一体型)を登録後、スマートフォンで支払った時点で電子マネーiDが適用される。

ポイントも付与されるため、クレジットカードを持ち歩くことに抵抗のある方におすすめだ。

イオンカードセレクトのカードスペック

項目内容
年会費本会員:無料
家族会員:無料
※家族カードは3枚まで発行可能
提携国際ブランドVISA
MasterCard
JCB
ポイント還元率0.5%
※イオングループでポイント2倍
※ときめきポイントTOWNで最大21倍
電子マネーWAON
※ポイント還元率0.5%
ETCカード年会費無料
付帯保険カード盗難保険
Apple PayiPhoneに設定可能
Google PayAndroidスマートフォンに設定可能
おサイフケータイ対応中のスマートフォンに設定可能
※電子マネーイオンiDが利用可能

まとめ

ここまで、イオンカードに搭載可能な2種類の電子マネー「WAON」「イオンiD」を紹介してきた。

WAONはイオン店舗にて、5倍などのポイントアップのチャンスが用意されているため、イオンモールなどを利用する機会の多い方ほど持っていて損はない。

セルフレジも使えるので、レジ待ちの行列に並ばなくても良くなる。
是非、イオンカードの発行を検討していただきたい。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
クレジットカードの詳細な情報や申し込みについては、↓のバナーをタップしてください。
(カード会社の公式サイトにリンクされています)


記事が役に立った!おもしろい!という方は↓のバナーをタップしてもらえると励みになります。

クレジットカードランキング

Author: kazuma@aoi

はじめまして。逢生一舞(あおい かずま)です。このサイトでは、クレジットカードのお得な活用法を紹介していきます。よろしくお願いいたします。サイト内の主な画像提供元「写真AC」