三井住友カードのiD(アイディー)はチャージ不要の電子マネー!もちろんポイントも貯まる!

三井住友カードには、電子マネーiD(アイディー)が無料にて搭載可能だ。

iD(アイディー)は、三井住友カードの利用料金とトータルで請求されるため、200円(税込)のショッピングごとに1ポイントが付与される。
iDはおサイフケータイにも対応中だ。




三井住友カードのiD(アイディー)はチャージ不要の電子マネー!


三井住友カードのiD(アイディー)は、NTTドコモとの提携にて提供されている電子マネーだ。
iDは、事前にチャージをしなくても使用できるポストペイ型に該当する。

三井住友カードのiDは次の3つのタイプに分かれる

・iD専用カード
・クレジットカード一体型
・スマートフォン登録型

三井住友カード/iD専用カード

三井住友カードにプラスする形で、無料で作成できるiDの専用カードだ。
電子マネーiDを財布などに入れて、単体で持ち歩きたい方に向いている。

三井住友カード/iDクレジットカード一体型


三井住友カードと電子マネーiDを合体させたタイプだ。
つまり、三井住友カードがあれば、電子マネーiDと使い分けることができるのである。
支払い方法をなるべくシンプルにしたい方向けと言えるだろう。

三井住友カード/iDスマートフォン登録型

三井住友カードを、お手持ちのスマートフォンに登録することで、自動的に電子マネーiDとして使えるようになるパターンである。

おサイフケータイ対応スマートフォン⇒おサイフケータイ
Androidスマートフォン⇒Google Pay
iPhone⇒Apple Pay

クレジットカードを持ち歩きたくない方や、スマホで支払いを完結したい方にピッタリだ。

iPhoneやAndroidスマホをリーズナブルに購入したい方は、携帯電話料金の節約法~格安SIMとWi-Fiをチェック!

携帯電話料金の節約を考えている方におすすめ!iPhoneも販売中!
格安SIMサービスのIIJmio(みおふぉん)
IIJmio(みおふぉん)

三井住友カードとiDの両方が使える!「いつものお店でポイント5倍!」


三井住友カード「いつものお店でポイント5倍!」は、文字通り、三井住友カードまたは電子マネーiDにて、代金を支払った際に、通常の5倍のポイントが貯まるサービスである。
対象の店舗(いつものお店)は次のとおり。

セブンイレブン
ローソン
ファミリーマート
マクドナルド

コンビニ大手とファストフードの代表格である。
使わない人を探すほうが難しいかもしれない。

三井住友カードまたは電子マネーiDの利用にて、200円(税込)ごとに5ポイントがプレゼントされる形だ。
ポイント還元率は2.5%である。

1,000円なら25ポイント、10,000円なら250ポイント、100,000円なら2,500ポイントだ。

三井住友カードのカードスペック

項目内容
年会費(税込)本会員:初年度無料
2年め以降:1,375円
※条件を満たした際には翌年度の年会費無料家族会員:初年度無料(1人めのみ)
2人めまたは2年目以降:440円
※年間3回以上のショッピングにて翌年度の年会費無料
提携国際ブランドVISA
MasterCard
ポイント還元率0.5%
セブンとローソン、ファミマとマクドでポイント還元率2.5%
電子マネーiD
ポイント還元率0.5%
セブンとローソン、ファミマとマクドでポイント還元率2.5%
PiTaPaとWAONの追加も可能!
ETCカード(税込)初年度:年会費無料
2年め以降:550円
※年間1回以上の利用にて翌年度の年会費無料
海外旅行傷害保険最大2,500万円補償
国内旅行傷害保険最大2,000万円補償
お買物安心保険(動産総合保険)海外:最大100万円補償
国内:最大100万円補償
※3回以上の分割払い、リボ払い
※自己負担額3,000円/1事故
Apple PayiPhoneに設定可能
Google PayAndroidスマートフォンに設定可能
おサイフケータイ対応中のスマートフォンに設定可能

三井住友カードの翌年度年会費無料の条件

マイ・ペイすリボへの登録
年間1回以上のリボ払いの利用
※リボ払い手数料が発生する取引が対象

三井住友カードの翌年度年会費割引の条件

①WEB明細サービスへの登録⇒翌年度の年会費より550円(税込)の割引!
②年間100万円以上のショッピング利用⇒翌年度の年会費が半額!
③年間300万円以上のショッピング利用⇒翌年度の年会費が無料!

①と②の合計で、1,375円-550円-687円=138円(税込)の年会費も可能!

まとめ

ここまで、三井住友カードに搭載可能な電子マネーiDと、三井住友カードのカードスペックを紹介してきた。

キャッシュレス化が広がりつつあるが、クレジットカードが使えず、電子マネーやスマホ決済アプリにしか対応していない店舗も見受けられる。
三井住友カードと電子マネーiDの組み合わせを、是非、試してみてほしい。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
携帯電話料金の節約を考えている方におすすめ!
格安SIMサービスのIIJmio(みおふぉん)
IIJmio(みおふぉん)
記事が役に立った!おもしろい!という方は↓のバナーをタップしてもらえると励みになります。

クレジットカードランキング


Author: kazuma@aoi

はじめまして。逢生一舞(あおい かずま)です。このサイトでは、クレジットカードのお得な活用法を紹介していきます。よろしくお願いいたします。サイト内の主な画像提供元「写真AC」