ANA JCBワイドカードは搭乗ボーナスマイル25%が得られるクレジットカード

ANA JCBワイドカードは、年会費7,975円(税込)にて発行可能なクレジットカードである。
マイル還元率は0.5%または1.0%だ。

ANAの国際線エコノミークラスの利用の際にも、ビジネスクラス専用カウンターにて優雅にチェックインができる。




ANA JCBワイドカードのカードスペック

項目内容
年会費(税込)本会員:7,975円
家族会員:1,650円
ポイント還元率0.5%
OkiDokiランドで最大20倍!
マイル還元率0.5%~1.0%
マイル移行手数料(税込)5マイルコース:無料
10マイルコース:5,500円(年間)
各種ボーナスマイル入会ボーナスマイル:2,000マイル
搭乗ボーナスマイル:×25%
継続ボーナスマイル:2,000マイル
電子マネーQUICPay
※ポイント還元率0.5%
OkiDokiランドで最大20倍!
ETCカード年会費無料
海外旅行傷害保険最大5,000万円補償
海外ショッピングガード保険最大100万円補償
国内航空傷害保険最大5,000万円補償
Apple PayiPhoneに設定可能
Google PayAndroidスマートフォンに設定可能
楽天Edy200円(税込)ごとに1マイルまたは2マイル付与
※チャージには付与されません
ANA QUICPay+nanacoQUICPay
※ポイント還元率0.5%
OkiDokiランドで最大20倍!
nanaco
200円(税別)ごとに1ポイント付与
※nanacoへのチャージには付与されません
ANA PiTaPaカード
※主に近畿エリア
年会費無料
対象交通機関ごとに割引などの優待特典

ANA JCBワイドカードのポイント還元率

ANA JCBワイドカードは、1,000円(税込)のショッピングごとに1ポイントが付与される形だ。

ポイント還元率は0.5%。ネットショッピングモールOkiDokiランドの加盟店での利用にて、2倍(還元率1%)から20倍(還元率10%)のポイントがプレゼントされる。

ANA JCBワイドカードのマイル還元率

ANA JCBワイドカードでは、5マイルコースと10マイルコースの2種類から選択可能だ。

5マイルコースの移行手数料は無料だが、10マイルコースには年間で5,500円(税込)の移行手数料が発生する。

5マイルコース
1,000円(税込)=5ANAマイル
※マイル還元率0.5%

10マイルコース
1,000円(税込)=10ANAマイル
※マイル還元率1.0%

ANA JCBワイドカードの各種ボーナスマイル

ANA JCBワイドカードには、以下のボーナスマイルも用意されている。

入会ボーナスマイル:2,000マイル
搭乗ボーナスマイル:×25%
継続ボーナスマイル:2,000マイル

中でも搭乗ボーナスマイルの25%は魅力的なのではないだろうか。

ANA JCBワイドカードの付帯保険

ANA JCBワイドカードには、次の保険が付帯されている。

海外旅行傷害保険
※最大5,000万円補償

国内航空傷害保険
※最大5,000万円補償

ショッピングガード保険

※最大100万円補償

年会費が7,975円(税込)となる分、保険も手厚くなる印象だ。

ANA JCBワイドカードならではの優待特典

ビジネスクラス専用カウンター

ANAの国際線(ANA運航便)のエコノミークラスを利用した際にも、ビジネスクラス専用カウンターにてチェックインが可能。

ANAグループ免税店(空港内)10%割引

空港内に設けられたANAグループの免税店のショッピングにて、購入代金の10%割引が受けられる。

IHG・ANAホテルズグループジャパン優待特典

日本国内のIHG・ANAホテルズグループジャパンにて、朝食が無料になるのはもちろんのこと、ウエルカムドリンクも提供される。事前に予約をすることが条件だ。

まとめ

ここまで、ANA JCBワイドカードのカードスペックと優待特典を紹介してきた。
一般的なゴールドカードに近いサービスが特徴のクレジットカードである。
より効率よくマイルを貯めたい方に向いていると言えるだろう。

記事が役に立った!おもしろい!という方は↓のバナーをタップしてもらえると励みになります。

クレジットカードランキング


Author: kazuma@aoi

はじめまして。逢生一舞(あおい かずま)です。このサイトでは、クレジットカードのお得な活用法を紹介していきます。よろしくお願いいたします。サイト内の主な画像提供元「写真AC」