エポスカードのポイントの使い方③ギフトカード交換④ポイント移行

前回の記事では、エポスカードのポイントの使い方として、以下の項目を取り上げた。

①ショッピング代金の割引
②プリペイドカード

エポスカードは、年会費無料で所有可能な、VISAブランドのクレジットカードだ。
マルイはもちろんのこと、世界中のネットショッピングにも対応している。

基本的には200円(税込)ごとに1ポイントを付与。
ビッグエコーなどの加盟店(エポトクプラザ)での利用や、「たまるマーケット」の経由にて、2倍(ポイント還元率1%)から30倍(ポイント還元率15%)のチャンスが用意されている。

ここでは、エポスカードのポイントの使い方の、③ギフトカード交換と④ポイント移行を紹介していく。

エポスカードのポイントの使い方③ギフトカード交換

エポスカードのポイント(エポスポイント)にて交換できる主なギフトカードを、以下の表にまとめてみた。

ギフトカードの種類交換に必要なポイント金額
マルイの商品券1,000ポイント1,000円
VJAギフトカード
(全国共通商品券)
1,000ポイント1,000円
クオ・カード1,000ポイント1,000円
amazonギフト券1ポイントから1円から
App Store&iTunesコード1,000ポイント
3,000ポイント
1,000円
3,000円
スターバックスカード3,000ポイント3,000円

交換の際、手数料が発生しないため、比較的利用しやすいポイントの使い方と言えるかもしれない。

エポスカードのポイントの使い方④ポイント移行

貯まったエポスポイントは、他社のポイントや航空会社のマイルに移行することも可能だ。

ポイント移行先交換レート
ANAマイル1,000ポイント=500マイル
ANAスカイコイン1,000ポイント=1,000コイン
JALマイル1,000ポイント=500マイル
スターバックスカード500ポイント=500円相当分
dポイント1,000ポイント=1,000dポイント
au WALLETポイント1,000ポイント=1,000au WALLETポイント
ノジマスーパーポイント500ポイント=500ノジマスーパーポイント

ANAやJALマイルへの移行は、別途登録が必要だ。
移行手数料がかかるケースもあるため、移行先の公式サイトを必ず確認して欲しい。

エポスカード/その他のポイント交換先

エポスカードのポイントは、オトメイトやカプコンなどのオリジナルグッズへの交換や、国境なき医師団などへの寄付にも使うことが可能だ。

エポスカードのカードスペック

項目内容
年会費永年無料
提携国際ブランドVISA
ポイント還元率0.5%
※たまるマーケットで1%から15%
※エポトクプラザで1%~
追加可能な電子マネーモバイルSUICA
楽天Edy
au Payプリペイドカード
スターバックスカード
※チャージにもポイントを付与
QUICPay
※Apple Payにエポスカードを登録した場合のみ
ETCカード年会費無料
海外旅行傷害保険
※自動付帯
最大2,000万円補償
Apple PayiPhoneに設定可能

まとめ

ここまで、エポスカードのポイントの使い方の、③ギフトカード交換と④ポイント移行を紹介してきた。

特にポイント移行は、交換レートの高いものを選ぶと、お得度が上がりやすい。
是非、エポスカードを作成して、集めたポイントを活用していただきたい。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
エポスカードの詳細な情報や申し込みについては、↓のバナーをタップしてください。

記事が役に立った!おもしろい!という方は↓のバナーをタップしてもらえると励みになります。

クレジットカードランキング

Author: kazuma@aoi

はじめまして。逢生一舞(あおい かずま)です。このサイトでは、クレジットカードのお得な活用法を紹介していきます。よろしくお願いいたします。サイト内の主な画像提供元「写真AC」