クレジットカードで家賃が支払える「クレカリ賃貸」

クレジットカードで家賃が支払える、「クレカリ賃貸」と呼ばれるサービスが存在する。
特に銀行振込にて、月々の賃料を納めている方におすすめしたいサービスと言えるだろう。

ここでは、利用者と物件オーナーの両方の立場から「クレカリ賃貸」を見ていきたい。

クレジットカードで家賃が支払える「クレカリ賃貸」

クレジットカードで家賃が支払える「クレカリ賃貸」は、東京都新宿区西新宿に本社を持つ、株式会社アイランドが提供するサービスである。

VISAもしくはMasterCardのクレジットカードであれば、賃貸物件の初期費用(敷金や礼金など)や、月々の賃料を支払うことが可能だ。

「クレカリ賃貸」の手数料と金融機関のATM振込手数料を比較してみた

「クレカリ賃貸」の手数料は以下のとおり。

項目サービス利用料
家賃自動支払い3.6%
※利用者の月々の賃料
一度払い4.6%
※利用者の初期費用
初期費用
※物件オーナー
0円
2020年12月29日まで
決済手数料2.6%
2020年12月末までに申し込めば2.2%に!

手数料を見た限りでは、率直に言って、不動産投資を行う物件オーナーにメリットが多いように感じてしまう。

利用者のメリットももちろん存在するが、手数料をどう捉えるか?がカギとなりそうだ。

例えば月々の賃料が10万円の場合、100,000円×3.6%=3,600円が、手数料として上乗せされる。

物件オーナーであれば、100,000円×2.6%=2,600円が差し引かれるということだ。
2020年12月末までの申し込みなら、手数料は2,200円となる。

「クレカリ賃貸」との比較~主な金融機関のATM振込手数料

「クレカリ賃貸」との比較として、主な金融機関のATM振込手数料をまとめてみた。

三井住友銀行

三井住友銀行ATM振込手数料
(税込)
現金
(三井住友銀行宛)
3万円未満:220円
3万円以上:440円
現金
(みなと銀行、SMBC信託銀行宛)
3万円未満:220円
3万円以上:440円
現金
(他行宛)
3万円未満:440円
3万円以上:660円
三井住友銀行のキャッシュカード
(三井住友銀行宛)
無料
三井住友銀行のキャッシュカード
(みなと銀行、SMBC信託銀行宛)
110円
三井住友銀行のキャッシュカード
(他行宛)
3万円未満:220円
3万円以上:440円
他行のキャッシュカード
(三井住友銀行宛)
3万円未満:110円
3万円以上:220円
他行のキャッシュカード
(みなと銀行宛)
3万円未満:110円
3万円以上:220円
他行のキャッシュカード
(SMBC信託銀行宛)
3万円未満:220円
3万円以上:440円
他行のキャッシュカード
(他行宛)
3万円未満:330円
3万円以上:550円

みずほ銀行

みずほ銀行ATM振込手数料
(税込)
現金
(みずほ銀行宛)
3万円未満:220円
3万円~10万円:440円
現金
(他行宛)
3万円未満:440円
3万円~10万円:660円
みずほ銀行のキャッシュカード
(みずほ銀行宛)
~10万円:220円
みずほ銀行のキャッシュカード
(他行宛)
3万円未満:330円
3万円~10万円:440円

みずほ銀行は、10万円を超える金額は、ATMでの振込ができないようになっている。
家賃などを振り込む際には、注意していただきたい。

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行ATM振込手数料
(税込)
現金
(三菱UFJ銀行宛)
3万円未満:220円
3万円~10万円:440円
現金
(他行宛)
3万円未満:440円
3万円~10万円:660円
三菱UFJ銀行のキャッシュカード
(三菱UFJ銀行宛)
~10万円:110円
※同一支店宛は無料
三菱UFJ銀行のキャッシュカード
(他行宛)
3万円未満:275円
3万円~10万円:440円
他行のキャッシュカード
(三菱UFJ銀行宛)
3万円未満:110円
3万円~10万円:220円
※同一支店宛は無料
他行のキャッシュカード
(他行宛)
3万円未満:275円
3万円~10万円:440円

三菱UFJ銀行も、ATMでの10万円を超える振込に制限がある。
本人確認が求められるため、運転免許証などを準備しておこう。

「クレカリ賃貸」のメリット

「クレカリ賃貸」の決済手数料と、銀行の振込手数料を比較した場合、決済手数料の方が明らかに上回る

クレジットカードのポイント還元があるとしても、0.5%~1%のため、単純計算でマイナスになってしまうのは確実だ。

その点を踏まえた上での「クレカリ賃貸」のメリットは次のとおり。

利用者のメリット

・銀行での待ち時間がなくなる
・銀行の営業時間に左右されない
・多額の現金を持ち歩かずに済む⇒盗難や紛失の防止

物件オーナーのメリット

家賃の回収が容易かつ確実となる
・銀行での待ち時間がなくなる
・銀行の営業時間に左右されない

特に遠距離で不動産投資をしているオーナーにとっては、「時間」の点でメリットが大きいのではないかと思われる。

まとめ

ここまで、クレジットカードで家賃が支払える「クレカリ賃貸」を紹介してきた。
決済手数料が発生するのは致し方ないが、ATMの待ち時間などの、人生の時間の無駄遣いを減らせる点をどう捉えるか?評価が分かれるだろう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
クレカリ賃貸の詳細な情報や申し込みについては、↓のバナーをタップしてください。
(クレカリ賃貸の公式サイトにリンクされています)



記事が役に立った!おもしろい!という方は↓のバナーをタップしてもらえると励みになります。

クレジットカードランキング

Author: kazuma@aoi

はじめまして。逢生一舞(あおい かずま)です。このサイトでは、クレジットカードのお得な活用法を紹介していきます。よろしくお願いいたします。サイト内の主な画像提供元「写真AC」