「クレカリ賃貸」を賃貸物件の借主が利用する3つのメリット

「クレカリ賃貸」はアパートやマンションなどの賃貸物件の賃料を、VISAもしくはMasterCardのクレジットカードにて納めることができるサービスだ。

ここでは、「クレカリ賃貸」を、賃貸物件の借主が利用する3つのメリットを紹介していこう。

「クレカリ賃貸」を賃貸物件の借主が利用する3つのメリット

「クレカリ賃貸」を、賃貸物件の借主が利用することで得られる3つのメリットは以下のとおりだ。

「クレカリ賃貸」借主のメリット①ポイントやマイルが貯まる

「クレカリ賃貸」の借主のメリットとして、クレジットカードのポイントやマイルが貯まる点があげられる。

毎月の賃料(家賃)はもちろんのこと、初期費用や更新費用も、クレジットカードで支払うことができるため、固定費でポイントを貯めることにつながるだろう。

月々の賃料貯まるポイント(月間)貯まるポイント(年間)
50,000円250ポイントから500ポイント3,000ポイントから
6,000ポイント
60,000円300ポイントから600ポイント3,600ポイントから
7,200ポイント
70,000円350ポイントから700ポイント4,200ポイントから
8,400ポイント
80,000円400ポイントから800ポイント4,800ポイントから
9,600ポイント
90,000円450ポイントから900ポイント5,400ポイントから
10,800ポイント
100,000円500ポイントから1,000ポイント6,000ポイントから
12,000ポイント

ポイント還元率は0.5%から1%として算出している。
ポイント還元率が1%を超えるようなら高還元率のクレジットカードの部類に入ると考えて良いだろう。

初期費用貯まるポイント
300,000円1,500ポイントから3,000ポイント
400,000円2,000ポイントから4,000ポイント
500,000円2,500ポイントから5,000ポイント
600,000円3,000ポイントから6,000ポイント

初期費用は金額が高額になるため、その分ポイントも貯まりやすくなる。

「クレカリ賃貸」借主のメリット②ATMの待ち時間が不要となる

「クレカリ賃貸」を利用する借主のメリットの2つめは、ATMの待ち時間が不要となる点がある。
特に25日近辺の給料日や月末は、銀行のATMが混雑することが想定される。

コンビニATMは待ち時間の問題が解決する反面、手数料が別途必要となるケースも少なくない。

「クレカリ賃貸」借主のメリット③実際の賃料の支払いを先送りできる

「クレカリ賃貸」借主のメリットの3つめは、実際の賃料の支払いを先送りできる点だ。

カード会社の締日にもよるが、30日から60日後に支払日(口座からの引き落とし日)となる。

特に冠婚葬祭や税金の支払いなどで物入りの時期に、このメリットがクローズアップされるかもしれない。

まとめ

ここまで、「クレカリ賃貸」を賃貸物件の借主が利用することで得られる3つのメリットを紹介してきた。

「クレカリ賃貸」には、賃料に対して3.6%、初期費用には4.6%の決済手数料が上乗せされる。
仮に80,000円の賃料なら、80,000円+(80,000円×3.6%)=82,880円が支払金額だ。

そのため、ATMの待ち時間などの時間の無駄使いを防ぐことや、実際の賃料の支払いを先送りできることの方が、大きなメリットとなるだろう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
クレカリ賃貸の詳細な情報や申し込みについては、↓のバナーをタップしてください。
(クレカリ賃貸の公式サイトにリンクされています)



記事が役に立った!おもしろい!という方は↓のバナーをタップしてもらえると励みになります。

クレジットカードランキング

Author: kazuma@aoi

はじめまして。逢生一舞(あおい かずま)です。このサイトでは、クレジットカードのお得な活用法を紹介していきます。よろしくお願いいたします。サイト内の主な画像提供元「写真AC」