アメリカン・エキスプレス・カードはマイル交換がお得!ポイントで交換可能なANAやJALなどのマイル

アメリカン・エキスプレス・カードは、貯まったポイントを航空会社のマイルと交換できる。
年会費は13,200円(税込)だ。

特にANAマイルメンバーシップ・リワード・プラスの登録後であれば1,000ポイント=1,000マイルの交換レートとなる。




アメリカン・エキスプレス・カードのポイントで交換可能なマイル


アメリカン・エキスプレス・カードは、100円(税込)のショッピングにつき1ポイントが付与される。
ポイント還元率は0.3%~だ。

ただし、メンバーシップ・リワード・プラス(年間3,300円/税込)に加入することで、ポイント還元率が0.5%~3.0%までアップする。

アメリカン・エキスプレス・カードで貯まったポイントにて交換可能な航空会社のマイルを次の表にまとめてみた。

ポイント交換アイテムメンバーシップ・リワードメンバーシップ・リワード・プラス
ANAマイル2,000ポイント=1,000マイル1,000ポイント=1,000マイル
JALマイル3,000ポイント=1,000マイル2,500ポイント=1,000マイル
デルタ航空「スカイマイル」2,000ポイント=1,000マイル1,250ポイント=1,000マイル
ヴァージン アトランティック航空「フライングクラブ」2,000ポイント=1,000マイル1,250ポイント=1,000マイル
タイ国際航空「ロイヤルオーキッドプラス」2,000ポイント=1,000マイル1,250ポイント=1,000マイル
キャセイパシフィック航空「アジア・マイル」2,000ポイント=1,000マイル1,250ポイント=1,000マイル
シンガポール航空「クリスフライヤー」2,000ポイント=1,000マイル1,250ポイント=1,000マイル
ブリティッシュ・エアウェイズ「エグゼクティブ・クラブ」2,000ポイント=1,000マイル1,250ポイント=1,000マイル
スカンジナビア航空「SAS ユーロボーナス」2,000ポイント=1,000マイル1,250ポイント=1,000マイル
アリタリア-イタリア航空「クラブ・ミッレミリア」2,000ポイント=1,000マイル1,250ポイント=1,000マイル
フィンランド航空「フィンエアー・プラス」2,000ポイント=1,000マイル1,250ポイント=1,000マイル
エティハド航空「エティハド ゲスト」2,000ポイント=1,000マイル1,250ポイント=1,000マイル
エミレーツ航空「エミレーツ・スカイワーズ」2,000ポイント=1,000マイル1,250ポイント=1,000マイル
カタール航空「プリビレッジクラブ」2,000ポイント=1,000マイル1,250ポイント=1,000マイル
エールフランス/KLM航空「フライングブルー」2,000ポイント=1,000マイル1,250ポイント=1,000マイル
チャイナエアライン「ダイナスティ・フライヤー・プログラム」2,000ポイント=1,000マイル1,250ポイント=1,000マイル
カンタス航空「カンタス・フリークエントフライヤー」2,000ポイント=1,000マイル1,250ポイント=1,000マイル

メンバーシップ・リワード・プラス(年間3,300円/税込)の加入と非加入にて、マイルの交換レートが大幅に異なる。

そのため、実質的な年会費は13,200円+3,300円(メンバーシップ・リワード・プラス年間参加費)=16,500円(税込)と捉えておいたほうが無難だろう。

もっとも、一般的なゴールドカードと同じくらい、またはそれ以上のサービスが受けられることを踏まえると、メリットのほうが大きいのではないだろうか。

アメリカン・エキスプレス・カードのポイントをマイルに交換する際の注意点


アメリカン・エキスプレス・カードのポイントをマイルに交換する際には、各航空会社のパートナー登録をする必要がある。

ANAマイル⇒メンバーシップ・リワード ANAコース(年間5,500円/税込)
メンバーシップ・リワード・プラスを含む年間参加費です

JALマイル⇒JALマイレージバンク

デルタ航空など⇒各航空会社のパートナー登録

メンバーシップ・リワード ANAコースに登録する際には、13,200円+5,500円=18,700円(税込)が実質的な年会費ということだ。

もっとも、メンバーシップ・リワード・プラスの加入後は、ボーナスポイントプログラムに無料で登録できるため、ポイントも貯まりやすくなる。

アメリカン・エキスプレス・カード/ボーナスポイントプログラム


ボーナスポイントプログラムは、以下の加盟店の利用時に100円(税込)ごとに3ポイントが貯まるシステムである。

・Yahoo! Japan
・iTunes Store/App Store
・Uber Eats
・ヨドバシカメラ
・JAL公式ウェブサイト
・一休.com
・HIS
・アメリカン・エキスプレス・トラベルオンライン
・Amazon.co.jp



アメリカン・エキスプレス・カードのカードスペック

項目内容
年会費(税込)13,200円
家族カード/年会費(税込)6,600円
ポイントシステムメンバーシップ・リワード
ポイント還元率0.3%~3.0%
メンバーシップ・リワード・プラス加入を含む
マイル交換ANAマイル、JALマイルなど
ETCカード(税込)年会費:無料
新規発行手数料:935円
マイル交換ANAマイル、JALマイルなど
海外旅行傷害保険最大5,000万円補償
※利用付帯
国内旅行傷害保険最大5,000万円補償
※利用付帯
ショッピング・プロテクション年間最大500万円
リターン・プロテクション1商品あたり最大3万円
空港ラウンジサービス日本国内28空港、ハワイ1空港にて無料で利用可能
Apple PayiPhone 7以降のiPhoneに登録可能
タッチ決済とQUICPayに対応

まとめ


ここまで、アメリカン・エキスプレス・カードのポイントで交換できるマイルについて紹介してきた。

メンバーシップ・リワード・プラスの加入が条件となるが、交換レートが大幅にアップするため、マイルを貯めたい方にとってはメリットのほうが上回るのではないだろうか。

アメリカン・エキスプレス・カードの作成後は、メンバーシップ・リワード・プラスへの加入も検討してみてほしい。

記事が役に立った!おもしろい!という方は↓のバナーをタップしてもらえると励みになります。

クレジットカードランキング


Author: kazuma@aoi

はじめまして。逢生一舞(あおい かずま)です。このサイトでは、クレジットカードのお得な活用法を紹介していきます。よろしくお願いいたします。サイト内の主な画像提供元「写真AC」