アメリカン・エキスプレス・カードのポイントシステム「メンバーシップ・リワード」

アメリカン・エキスプレス・カードは、年会費13,200円(税込)にて発行可能なクレジットカードである。
ステータス性の高さが特徴だ。

ここでは、アメリカン・エキスプレス・カードのポイントシステム「メンバーシップ・リワード」について紹介していく。




アメリカン・エキスプレス・カードのポイントシステム「メンバーシップ・リワード」


アメリカン・エキスプレス・カードは、100円(税込)のショッピング利用ごとに1ポイントが付与される。
JCBと提携していることから、日本全国で使用することが可能だ。

ただし、公共料金や税金などは200円(税込)ごとに1ポイントとなるので注意していただきたい。

アメリカン・エキスプレス・カードの「メンバーシップ・リワード・プラス」


「メンバーシップ・リワード・プラス」は、年間参加費3,300円(税込)にて登録後、ポイントがより一層貯まりやすくなるサービスだ。
一度登録すれば、その後は自動更新となる。

「メンバーシップ・リワード・プラス」の登録によって、「ボーナスポイントプログラム」(無料)への参加ができるようになる。

アメリカン・エキスプレス・カード~ボーナスポイントプログラム


ボーナスポイントプログラムは、特定の加盟店やサービスでの利用にて、100円(税込)ごとに3ポイントが貯まるシステムである。対象加盟店は以下のとおり。

・Yahoo! Japan
・iTunes Store/App Store
・Uber Eats
・ヨドバシカメラ
・JAL公式ウェブサイト
・一休.com
・HIS
・アメリカン・エキスプレス・トラベルオンライン
・Amazon.co.jp



アメリカン・エキスプレス・カード~ポイントの交換レート

ポイント交換アイテムメンバーシップ・リワードメンバーシップ・リワード・プラス
ANAマイル2,000ポイント=1,000マイル1,000ポイント=1,000マイル
JALマイル3,000ポイント=1,000マイル2,500ポイント=1,000マイル
デルタ航空
ヴァージンアトランティック航空
キャセイパシフィック航空など
2,000ポイント=1,000マイル1,250ポイント=1,000マイル
ヒルトン・オナーズ2,000ポイント=1,250ヒルトン・オナーズポイント1,000ポイント=1,250ヒルトン・オナーズポイント
Marriott Bonvoy2,000ポイント=990Marriott Bonvoyポイント1,000ポイント=990Marriott Bonvoyポイント
楽天ポイント3,000ポイント=900楽天ポイント3,000ポイント=1,400楽天ポイント
Tポイント3,000ポイント=1,000Tポイント3,000ポイント=1,500Tポイント
ショッピングの支払い1ポイント=0.3円相当1ポイント=0.5円から1円相当
旅行費用
※アメリカン・エキスプレス・トラベルオンラインなど
1ポイント=0.4円相当1ポイント=0.8円から1円相当
商品券
※ヨドバシカメラ、高島屋
3,000ポイント=1,000円相当の商品券2,000ポイント=1,000円相当の商品券
オンラインショッピング
※マルイのネット通販、ベルメゾン、BUYMA
1ポイント=0.3円相当1ポイント=0.5円から1円相当

メンバーシップ・リワード・プラスへの登録後は、わかりやすいほど交換レートがアップする。
中でもANAマイルの交換レートの高さは特筆モノである。年間3,300円(税込)を納めるだけの価値があると言えるだろう。

アメリカン・エキスプレス・カードのカードスペック

項目内容
年会費(税込)13,200円
家族カード/年会費(税込)6,600円
ポイントシステムメンバーシップ・リワード
ポイント還元率0.3%~3.0%
メンバーシップ・リワード・プラス加入を含む
マイル交換ANAマイル、JALマイルなど
ETCカード(税込)年会費:無料
新規発行手数料:935円
マイル交換ANAマイル、JALマイルなど
海外旅行傷害保険最大5,000万円補償
※利用付帯
国内旅行傷害保険最大5,000万円補償
※利用付帯
ショッピング・プロテクション年間最大500万円
リターン・プロテクション1商品あたり最大3万円
空港ラウンジサービス日本国内28空港、ハワイ1空港にて無料で利用可能
Apple PayiPhone 7以降のiPhoneに登録可能
タッチ決済とQUICPayに対応

まとめ


ここまで、アメリカン・エキスプレス・カードのポイントシステム「メンバーシップ・リワード」を紹介してきた。

メンバーシップ・リワード・プラスへの加入が、ポイントを貯めるためのカギとなることがわかる。

となると、13,200円(年会費)+3,300円(メンバーシップ・リワード・プラス)=16,500円(税込)が、実質的な年会費と考慮しておくほうが無難だろう。

それだけのメリットが得られるのは確かだ。
参考になれば幸いである。

記事が役に立った!おもしろい!という方は↓のバナーをタップしてもらえると励みになります。

クレジットカードランキング


Author: kazuma@aoi

はじめまして。逢生一舞(あおい かずま)です。このサイトでは、クレジットカードのお得な活用法を紹介していきます。よろしくお願いいたします。サイト内の主な画像提供元「写真AC」